ACSOD

シドニー在庫ボード投入

シドニー SURFECTION

シドニーのメインポイント、ボンダイビーチにある、Surfectionというサーフショップに、在庫投入というニュースです。

ほぼ、MONSTERとSEX DRIVEとのことです。

やはりこれら2本は人気ですね。

ボンダイビーチは、日本の一般的なビーチよりパワーがあることも多いですが、それでもスタンダードなビーチブレイクです。

風も食らうし、スペシャルなコンディションはそれほど多くありません。

パフォーマンス好きには、MONSTER、

スタイル系には、SEX DRIVE、

ということでしょう。

オーストラリア国内のゴールドコースト以外のACSOD販売サーフショップは、ALEXの営業活動無しで入っていっているようです。

ボードテストの仲間と、デザイン性で、販売したいというサーフショップが増えてきています。

現在、ニューサウス以外にも、ウェスタンや、タスマニアなど、各地域にALEXのボードを扱うサーフショップがあります。

サーフボードを製造するカルチャーが発達しているオーストラリアでもしっかりと存在感を出してきたACSOD、目が離せないっ!です。

まだまだ若いブランドですので、将来性があるというのはすごく楽しみなことです。

ただ、今の時点ですでにイケてるというのは、さらにすごいことです。

仙台新港 8月14日前のページ

仙台新港 8月15日次のページ

関連記事

  1. 日南

    ACSOD

    キングオブルーキー

    営業活動大苦戦の宮崎。どこでも受け入れられるわけない。…

  2. ACSOD

    The Electric Acid Board Test

    STABの企画「The Electric Acid Board Te…

  3. ACSOD

    ACS Tシャツ

    ALEX CREWS SHAPESのTシャツ開始です。…

  4. ACSOD

    ACSOD ウェブアップデート

    ACSOD JAPANのWEB情報を2016年版のモデル説明へとアップ…

  5. JACK FREESTONE

    ACSOD

    ジャックフリーストーン

    現在ゴールドコーストのとあるサーフ系ショップには、BILLABONGト…

  6. ACSOD

    WHITE FERRARI 中塩佳那

    サーフボードお引渡しのコーナー。今回は佳那ちゃんのホワイトフェラーリ…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    海の中から朝日を見に行こう
  2. ケリー使用ボード

    Diary

    プロが使用するサーフボードのサイズ
  3. Surf Shop Sendai

    ハンナファームカップ2018エントリー受付スタート
  4. Diary

    サーフボードを売るにあたって決定的な真実を
  5. デーン・レイノルズ

    Diary

    スタイルを今決めるってば
PAGE TOP
css.php