Diary

ハンナファームカップ2019は小さかったり大きかったりした

「11月10日しかあいてない。」

「ではそこでお願いします。」

聞こえないくらい小さな声でファックと言った。

寒さだけ。寒さだけなのにそのプレッシャーはとても大きかった。

11月はオフショアになりやすく台風も来ないので最悪のコンディションになる可能性は極めて少ない。秋雨前線も終わっているし晴れが多いはず。というプラス要素がとてもとても小さかった。

同時に、11月10日へ選択肢無しで追いやられた状況にファックと言ったとても小さかった自分。穴があったら入りたい。なるべく大きなやつに。

気を取り直して。

「日曜日寒くなるらしいよ。」

から、バタバタと準備が始まり、ストーブに飲み物に味噌汁に。

「ブーツもいるし、着替えのウェット2着か!お湯もいっぱい持ってくぞ」

でも!

全ては好転しまして。

太陽とそれほど強くない風のおかげで気温以上に暖かく。

ストーブは文字通り本当に大きかったし。

最高の天気と波に恵まれて、無事に終えることができました。

小さかったのは僕の不安であり、大きかったのはみんなの勇姿。

感動しました。

オープンAのみんなは昨年はリップもままならなかったのに。大きなリップアクション。論客ともしっかり戦えました。

オープンBでがんばったみんなは昨年はビギナーだったのに。よくここまでうまくなったな。すごい!

観客を盛り上げたレディースクラス。歓声が一番大きかった。昨年は乗れなかったからリベンジできました。

レトロはサーフィンのお手本。「ショートのサーフィンしないでください」というYO-SHUNのアナウンスにみんなのうなずきがとても大きかった。

ビギナーは昨年は大きなボードを担いで砂浜を歩くだけだったはずだろ。小さなボードでクリティカルポジションからテイクオフしてました。

みんな本当に大きく見えたぜ。堂々たる大きな演技だったぜ。

乗れなかった人も負けた人もたくさんいたけど。次への課題。普段は乗れてるのみんな知ってます。

13分でも戦う舞台に立った自分を褒めてあげるべきだと思う。

たかが趣味。たかがサーフィン。

サーフィンなんて人生のほんの小さな一つ。

もっと大事なものを手に入れたのかもしれない。

勝った人も負けた人も、僕はみんなのことが大好きだ。

みんなからの愛はもっと大きかったけど。

参考

ハンナファームカップ2019 結果はサーフショップのブログでどうぞ

ピックアップ記事

  1. サーフィンレベルとローカリズムがゼロの僕がサーフボードを売る理由
  2. フィンの高さの馬鹿野郎物語
  3. Stab In The Dark 2017 ジョーディ
  4. 上級者サーフボードモデルとサイズをTOBYで見る
  5. 学びすぎないサーフボード選びが幸せ

関連記事

  1. Alex Crews Shapes

    島根 益田

    少し波上がるかなと思ったけど上がらずで、試乗は無しに。…

  2. Diary

    ジョリ 新居 7月21日

    AkiさんのLotus、TokuさんのLotus、DaさんのMonst…

  3. SPIT

    Diary

    ストラディーとコーチング

    10月30日(日)は朝、てっちゃんと、村松爽香プロと、ストラディーへ。…

  4. Diary

    ジョーディスミス

    ジョーディの最新ムービーです。このサーフィンを見るとい…

  5. 東京2020 ランキング

    Diary

    東京2020のランキング

    東京オリンピック2020の代表枠は各国男女1名ずつ。ランキン…

  6. Diary

    下里 & ゴロゴロ 勝浦 7月31日

    台風うねりヒットで、南紀へ。和歌山の勝浦のリーフポイント、初体…

おすすめ記事

  1. スナッパーロック 12月28日
  2. サーフィンの歴の歴
  3. デーン・レイノルズ
  4. ALEX CREWS インタビュー VISSLA

ピックアップ記事

最近の記事

ARCHIVES

  1. ハンナファームゴルフコンペ2016

    Diary

    ハンナファームゴルフコンペ2016
  2. Surf Report

    Palm Beach 7th 12月16日
  3. Surf Report

    仙台新港 9月17日
  4. Diary

    30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由
  5. Surf Report

    Snapper Rocks 3月15日
PAGE TOP
css.php