Takeda Customs

Takeda Customsの2020

先日のカーボンのストリンガーレスのサーフボードの件に加えて、今取り組んでいるシェイプデザインについてYoshiro Takedaに聞きました。

昨年TAKEDA CUSTOMSは、同じゴールドコースト内ですが立派なファクトリーに移転しました。コロナもあって引き続き1人でやっているようですが、周りのオーストラリアの人たちから新しい取り組みのボードも含めてオーダーをもらっているようです。結果も出てきているようで2020年おすすめベスト4を教えてもらいました。

4th B-29

ミッドレングスの代表作。根強い!このモデルは僕も大好きでこれまで3本オーダーしました。6台後半〜7台中盤くらいがコンセプトです。HANNAHのTEAMのAYAKAさんも乗ってますが「つくづくこれ買ってよかった〜」と最近新港で言ってました。AYAKAさんが「あっこれ欲しい。」って言って衝動買いしたのを思い出しました。サーフボードはビビビっていうの大事ですよね。レベル問わずたくさん乗れるおすすめのモデルです。

3rd SPORTS CAR

第三位はニューモデル「SPORTS CAR」です。デッキがフラット気味でレールが一気に落ちるクラシックスタイルのボードです。アウトラインカーブやロッカーのカーブなど最先端のシェイプデザインを取り入れており、早いクラシックが完成しました。TAKEDAらしいハイブリッドモデルです。サイズは短いのからミッドレングスまでカスタマイズ可能です。そのためモデル標準サイズというのはありません。ちなみにこの画像は長めのバージョンで 6’6″ 20 3/4″ 2 3/4″ 42.53Lです。

2nd Mid-length FISH

第二位はこちら、新しいシェイプデザインですね。他のブランドでも最近はよく見るのかもしれません。長めのフィッシュです。サイズは 7’2″ 20 7/8″ 2 9/16″ です。チャンネル入りがおすすめとのことです。B-29にしようか、このミッドレングスフィッシュにしようか、悩む〜。

1st FISH EDGE

2020 TAKEDA CUSTOMS がおすすめするシェイプデザイン第一位はFISH EDGEでした。エッジは他ブランドと比べればそこまで深くはないでしょうか。エッジがフィンの近くを通るのでオンフィン限定です。フィンはカットフィンのため、通常のKEELフィンに比べて軽やかにターンできるのが特徴です。スピードスピードスピードのSEA HAWKにターンが加わり、バシバシいけるようになりました。

どれもTAKEDAらしいシェイプデザインですね。クラシックおじさんに寄せないあたりがアーティストとして尊敬してます。

参考

ストリンガーレス TAKEDA

TAKEDA CUSTOMS デザイン例

ストリンガーレス TAKEDA CUSTOMS前のページ

MF ソフトボードグローバルシェイパーコンテスト次のページ

関連記事

  1. DICK VAN TAKEDA CUSTOMS

    Takeda Customs

    DVS と TAKEDA CUSTOMS

    DICK VANのシェイプだったんですね。専門的なグラ…

  2. Takeda Customs

    TAKEDA CUSTOMS 展示会 イベント

    まだ気が早いですが、2月に行う予定の、TAKEDA CUSTOMS…

  3. Takeda Customs

    TAKEDA × MARK RICHARDS

    最近TAKEDAと、Nev、ロブマチャド、パーコ、ビッグネームが次々…

  4. Takeda Customs

    ダ・オーセン・コンフラックス2018

    4月8日〜10日の3日間、渋谷で行われます、バイク、サーフ、スケート、…

  5. TKD2 5'11" タケダカスタム

    Surf Shop Sendai

    TKDⅡ 5’11” タケダカスタム

    お引き渡しボードの紹介です。TAKEDA CUSTOMSより、…

  6. タケダマン

    Takeda Customs

    CHOPPER ラメプロジェクト

    インタースタイルのときにラメ系デザインがとても人気で、たくさんのシェイ…

最近の記事

  1. 朝日
  2. HANNAH FIRM

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Takeda Customs

    Takeda Customs New Movie
  2. Diary

    スポーツとしてのサーフィン
  3. Surf Shop Sendai

    ハンナファームカップ2018エントリー受付スタート
  4. 外車の真相

    Diary

    日本車と外車
  5. Diary

    海の中から朝日を見に行こう #2
PAGE TOP
css.php