Takeda Customs

ストリンガーレス TAKEDA CUSTOMS

TAKEDA CUSTOMSから新しいテクノロジーが出ました。

画像はTKD3モデルのEPSです。

  • ストリンガーは入っていません
  • 全モデル対応
  • PUでもEPSでもオッケー
  • レールの黒はスプレーです、入れても入れなくても良いです

大きな特徴としては、PUでも可というところです。というよりもYOSHIRO的に、PUがバッチリだということでした。PUのストリンガー無しは試してみたいですね〜。ストリンガー無しは軽くなりますので、やはり日本の波ですと軽さは圧倒的に強みです。軽いが最低条件みたいなところはありますよね。ミックファニングはサーフボードを受け取るときは軽さを重視するため、毎回シェイパーがグラム数をサインするというのは有名な話。納得いく重さじゃないと持っていかないそうです。軽いだけで調子いいは言い過ぎではありません。今回のテクノロジーのように木材のストリンガーを無くすと軽いボードができます。

木材のストリンガーのしなりは、パワーをためて放出みたいなイメージですが、カーボンがストリンガー代わりになっている場合はよりクイックに反応します。素早くボードを振り上げて素早く振り落とすことができるようになります。

今までどうもEPSのふわふわ感が苦手だったんだよな〜という方は、ぜひPUのストリンガーレスのこちらのテクノロジーを試してみてください。EPSのように反応早く振り回せて、PUのフォームの伸びる反発はそのままに、が可能です。

これまではEPSフォームの反発が小波に向くということで小波推しモデルにEPSを推奨する向きがありましたが、PUのストリンガーレスがあれば、パフォーマンスショートでもバッチリとのことでした。パフォーマンストライフィンや、良い波用のボードに入れてみてください。

もちろん小波用ということであれば、EPSにカーボンは変わらずグッドマッチです。

良い波でした前のページ

Takeda Customsの2020次のページ

関連記事

  1. インタースタイル2017

    ACSOD

    インタースタイル2017 初日

    今年もインタースタイル始まりました。ハンナファームではボードメ…

  2. Takeda Customs

    TAKEDA CUSTOMS CAP

    TAKEDA CUSTOMSにて、キャップのリリースです。…

  3. Takeda Customs

    ダ・オーセン・コンフラックス2018

    4月8日〜10日の3日間、渋谷で行われます、バイク、サーフ、スケート、…

  4. TAKEDA CUSTOMS

    ACSOD

    FISHFLY参戦

    たまには忙しいです。海も行けないし、そのストレスで腰が痛いです…

  5. Takeda Customs

    サーフボードハンドメイドイベント Burleigh Heads

    バーレーヘッズのビール醸造ファクトリー「Burleigh Brewi…

  6. 大貫 takeda customs

    Diary

    栃木トリップ

    TAKEDA CUSTOMSで大変お世話になっているTOMOさんに会い…

最近の記事

  1. 朝日
  2. HANNAH FIRM

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    2017年サーフボード展望
  2. Surf Shop Sendai

    DMS Surfboards / Daniel MacDonald Shapes…
  3. Diary

    スポーツとしてのサーフィン
  4. Diary

    サーフトリップの”何か”
  5. RICHOコーチング

    Diary

    テイクオフ
PAGE TOP
css.php