Diary

サーフボードを売るにあたって決定的な真実を

コンピューターでサーフボードをシェイプデザインできるようになったのはもう相当前の話だと思うけど。

たくさんのブランドが一斉にシェイプをPC上で再現することを試みた。

結果どうなった?

のこぎりを持ってハンドシェイプだ〜と叫びながらギコギコやるシェイプと、コンピューターでシェイプをデザインしAKUで形状を作るシェイプと。

どちらもやったシェイパーは、ほぼほぼ後者を選択した。

また、トップレベルのサーファー達もほぼほぼ後者のサーフボードを選択する。

コンピューターでシェイプデザインを試さない、または試せない、やり方が分からないシェイパーは、ギコギコこそがシェイプだと未だに言い張っている。

僕にとってここの結果はとても興味深かった。

サーフボードを販売したいと思ったときからずっと本当に知りたかった答え。

どちらも試したシェイパーはコンピューターを選んだ。

ギコギコ派は、コンピューターをやってない人達だ。

なんだ、やれないだけなんじゃん。

どちらも試した上でギコギコがやっぱり最高だ。というシェイパーの少ないこと。というよりそういう人を知らない。

真意はそこにある。

両方試してどちらを選ぶか。みんなコンピューターだ。

ギコギコこそがシェイプだと、コンピューターができないだけなのに、または良さを知らないでいるだけなのに、やったことがないだけなのに。

それを知らないことは売り手としても恐いこと。

文明とはそういうものだ。

川を泳いで渡る、またはかなり遠い橋まで歩いてから渡る。

ところが突然目の前に橋ができた。

この橋を使わない人がいる。

かなり極論ではあるけども、自分の無知で人の正しい判断を鈍らせるのは悪だと思う。

真意はどこにあるか。

宣伝文句にいいから、人を納得させやすいからと、真意から目をそむけて買い手の正しい判断を鈍らせてはだめだと思う。

YOSHIRO TAKEDAのかっこいいところはそこにある。とても合理的。本当にお客様が喜んでくれるのはどういうボードか。

かなり苦戦してたけど。一生懸命勉強してた。一生懸命テストを繰り返していた。自分には合わない難しいことでもやらなきゃならないことはあるという姿勢。

今ではそれをモノにしている。その姿はかっこよかった。

作り手として妥協を許さない彼ももちろん選んだのは目の前の橋だ。

※あくまで、同じ人が両方の作り方を試したらどちらを選ぶか、というお話であり、もちろんギコギコ派も良いボード作っている人はたくさんいますし僕もそういうボードも販売しています。

ピックアップ記事

  1. フィンの高さの馬鹿野郎物語
  2. TAKEDA × NEV
  3. 学びすぎないサーフボード選びが幸せ
  4. Stab In The Dark 2017 ジョーディ
  5. 補足 〜言葉や文章でサーフィンを覚えるはNG〜

関連記事

  1. WCT2017

    Diary

    WCT 2017年確定

    WCTの来シーズンクオリファイが決定したみたい。WCT2016…

  2. Diary

    クイックプロゴールドコースト2016プロ使用ボード

    最近中継でボード情報を言わなくなってきてとても残念です。今シー…

  3. Diary

    モノの価値

    モノの価値って自分で決めるものだよね。僕が日本にいるときは、サ…

  4. 本日最終日。 TAKEDA CUSTOMSのロングのチームフェルナンダ。

    Diary

    最終日 ゴールドコースト

    昨日入れなかったので、今日は4時に起きて、朝イチ抜け出してスナッパー行…

  5. Diary

    Hannah Firm オンラインストア

    12月3日ハンナファームのオンラインストアをオープンしました。…

  6. Diary

    魂の昭和史

    今回のハンナ図書館のコーナーは「魂の昭和史」福田和也著。…

おすすめ記事

  1. TAKEDA CHOPPER

ピックアップ記事

  1. ハンナファームニュースレター

最近の記事

ARCHIVES

  1. Three Blasta

    とらのInlayz
  2. Three Blasta

    TBシングル
  3. Diary

    木崎浜
  4. Diary

    サーフィンバカってかっこいいの?
  5. MH

    GROUND CONTROLモデル
PAGE TOP
css.php