サーフボード専門業者「Hannah Firm」のblog

TAKEDA × NEV

かつてサーフィンブームの時代にトップブランドに駆け上がり、日本でも輸入量ではトップクラスだったサーフボードブランド「NEV」

そのシェイパー、ネビルハイマン。

彼は時代を先読みし、いち早くEPSのアジア大量生産へ。FIREWIREの立ち上げ。

当初のFIREWIREのメインシェイパーとして歳をとってもまだサーフボード業界の一線だった。

FIREWIREの後、今は家のリフォーム系の会社を立ち上げ、オーストラリアのテレビに出るほどそっちで有名人になってるらしい。

「とにかく天才」と言わしめたそんな巨匠ネビルハイマンが、身内のために久しぶりにハンドシェイプしたボードを、さてラミネートはどうしようか。と思ったときに、お願いしたのが、TAKEDA CUSTOMS。

TAKEDA × NEV

ラミネートの技術はオーストラリアNO.1とのことで。

TAKEDA CUSTOMS × NEV

お忍びでTAKEDAに依頼。

おれがシェイプしてるって言うと色々とややこしいから、言わないで。

というネブの言葉を余裕で無視し、インスタに上げるYOSHIRO氏。

さーがすです。

僕もここで紹介するけど。

最近またまたきれいな仕上げのボードを見ていて、TAKEDAの職人のレベルの高さをよく考えます。

巨匠がうなるレベルです。

そんなTAKEDAのボードに乗ってる自分はもっと高貴に。

背筋を伸ばしてビーチを歩きます。

参考

TAKEDA CUSTOMS JAPANのインスタ

css.php