Diary

ぼくらの祖国

ぼくらの祖国

2014年から硫黄島の滑走路を国の予算200〜300億を使って剥がし、その滑走路の下に眠ったままになっている英霊達の遺骨を自国に返すというストーリーは、僕を大きく鼓舞させた。

歴史を右からでもなく左からでもなくストレートにまっすぐ見よう、と言った青山繁晴という男のこの本を読んでみようと思った。

2〜3時間かけてじっくり読んだ。

自己の利益のために動くんじゃない。という話。

僕はオーストラリアで4年と少し暮らしたからこそ、日本を知ることができて、日本を大好きになった。自分の仕事では、日本人シェイパーにこだわり、国産にも本当はこだわりたいと思っている。

60年以上滑走路の下に閉じ込められた英霊たちが日本に帰ってきて日本を見たとき、彼らに恥ずかしくないことをしていたいと思った。

関連記事

  1. Diary

    資本主義の経済社会

    到着後入り口から部屋まで必ず誰か1人付いてくる会員制のホテルのロビーに…

  2. Diary

    糸川英夫の創造性組織工学講座

    本日のハンナ図書館のコーナーは、「創造性組織工学講座」糸川英夫…

  3. Diary

    背筋を伸ばして淡々と仕事する

    元々でかい波は好きではないけど、オーストラリアで生活したせいで、少しず…

  4. アレックスとミーティング

    Diary

    アレックスとミーティング

    今日この旅初めての二人でゆっくり夜メシ兼ミーティング。まずはお…

  5. ACSOD

    島根 益田

    少し波上がるかなと思ったけど上がらずで、試乗は無しに。…

  6. Diary

    まぁそう騒ぐな

    一様に大事なものを取られたとアタフタしている。限りなくフローな…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. スナッパーロック 12月28日

    向こう側コンセプト

    こっちに有利なはずなのに不利な方へわざわざ合わせるこのヤキモキ
  2. Diary

    CTに入りたい!費用はいくらかかりますか?
  3. Diary

    サーフトリップの”何か”
  4. Diary

    サーフボードボリューム、リッター値
  5. Diary

    クイッキープロおフランス、プロ使用ボード
PAGE TOP
css.php