Diary

ミッドレングスのサーフボードを読み解く

10年も前からサーフボードのクラシックスタイルが流行りだしました。その流れは今も引き続きあります。一昔前は全員トライフィン!という時代でしたから。サーフボード業界で見れば大きなパラダイムシフトと言えるかもしれませんね。これまでトライフィンしか知らなかった人が、シングルフィンに乗ってみたりツインフィンに乗ってみたりと。シングルフィンやツインフィンはサイズ的にショートボーダーでも馴染みやすかったのです。

その後、ミッドレングスサーフボードが少しずつ増えてきます。シングルやツインで感じるフロー感をもっと掘り下げてみたいと思った方と、テイクオフが楽なボードが欲しいと思った方と。ロング乗りが短いの行くとしたらまずはミッドレングスなのでそれも相まって。今ミドルレングスは勢いありますね。フィールド感覚でも最近多いなって感じてます。

で、ミッドレングスって何?どう楽しむの?

その答えにはテクニック的な話とマインド的な話があります。

ミッドレングスサーフボードのテクニック

一番の魅力はなんと言っても全部行ける!なんでもできる!です。小さい波も大きい波もどのような波でも楽しめます。小さい波のときはドライブを楽しみます。大きい波のときはリッピングもできます。オールラウンドに使用できるのが良いですね。トリップに一本だけしか持っていけないとしたら?という問いにミッドレングスと答えるシェイパーは多いようです。あとは乗り方も様々可能です。ショートボード的な乗り方もできますし、ロング的な乗り方もできます。ショートの乗り方?ロングの乗り方?話が長くなりそうなのでミッドレングスご興味ある方は店頭にて。奥深いですね〜。遊び方は無限大。1本でどんな波でも行ける、何でもできるサーフボードがミドルレンジのサーフボードです。

ミッドレングスサーフボードのマインド

こちらの方がフォーカスするべきところと思います。サーフィンはうまくなると楽しいので、これまで、上達上達上達、コンペコンペコンペ、リッピングリッピングリッピングって流れは多少なりともありました。ミッドレングスはこれらからの開放です。上達やリッピングが全てではない。別にボトムターンでこうしろあーしろってもういいじゃんという話です。サーフィンの本質的な部分にフォーカスしたいのです。それは波と一体化するということ。来た波に乗り、その波を使い切るということ。その波のメッセージを受け取りたい。サーファーにとって来た波に応えるということより大きな幸福はありません。早い波、遅い波、の他にもたくさんの表現がありますが、波は1本1本違うはずです。その1本1本に応えるためのサーフボードはミッドレングスが一番最適だということです。それがシェイパーが旅にミッドレングスを持っていく理由です。

サーファーの幸福は波に乗るということです。そこに少しスパイスを。「波に応える」です。

ぜひ、ミッドレングスでテクニックとマインドの両方を楽しんでみてください。

仙台新港 12月15日自然の中でサーフィン前のページ

HOT BUTTER 6’8″ Travis Reynolds次のページ

関連記事

  1. Diary

    ケリーがチョープーで6’1″に乗る理由

    ようやく風邪が治り今朝から復活!!明日から海行こうかな。全日本…

  2. Diary

    サーフィンレッスンご予約

    お陰様で忙しくさせていただいております。スケジュール合わずにお断りす…

  3. MH CHIPPA中古

    Diary

    サーフィンのステップアップ最強説

    色々やってきたけど、サーフィンだけはうまくならないのなんで?とよく聞…

  4. Diary

    木崎浜 宮崎 8月12日

    午前中、ゴールドコーストで知り合った、産経大の宝と木崎浜で1ラ…

  5. Diary

    ショップオープンして1年が経ちました

    Hannah Firmサーフショップの根幹は「サーフボ…

  6. Diary

    仙台新港 12月16日

    風邪も治って、仕事に終われてるけど。今日は久しぶりのサ…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. ACSOD

    FOX TAIL ACSOD
  2. 外車の真相

    Diary

    日本車と外車
  3. デーン・レイノルズ

    Diary

    スタイルを今決めるってば
  4. Diary

    2019年サーフボードの流れ
  5. Diary

    スポーツとしてのサーフィン
PAGE TOP
css.php