Diary

Stab In The Dark 2017 ジョーディ

今年も大注目のSTABイベント「Stab In The Dark」が先日公開されました。

Stab In The Darkとは、選ばれたシェイパー(12名程度)へ、とあるプロライダーの身長と体重だけを伝えてサーフボードを作ってもらうもの。シェイパーはそのプロライダーは誰かは分かりません。分かるのは体型のみです。そしてプロライダーへも用意されたそれぞれのサーフボードを誰がシェイプしたかは全く分からないようにします。ボードサイズも伏せられます。テールやロッカー、レールなどシェイパーが自由に決められます。トライフィンのみです。ブランクを使うことが条件です。マシーンカットしてもハンドでもどちらでも良いです。提供するのは1本のみで壊れたらそこで終わりです。シェイパーは無償でこの企画にボードを出します。これらがルールです。

どのサーフボードが一番調子が良いのでしょうか。いたってシンプル。

STABがこの企画を始めたのが2015年、今年で3回目です。世界中のサーフィン業界の人々が毎回とても楽しみにしている企画ですよ〜。

これまでの結果を見てみましょう

第一回目2015年

第一回目はライダーはジュリアンウィルソンでした。

STAB IN THE DARK 2015

ジュリアンが選んだ結果です。調子の良い順です。

  1. DHD
  2. CHILLI
  3. MEYHEM
  4. JS
  5. PANDA
  6. SHARP EYE
  7. CHANNEL ISLANDS
  8. DAHLBERG
  9. SIMON ANDERSON
  10. ROBO
  11. STAMPS
  12. PYZEL(到着しなかったような)

第二回目2016年

第二回目のライダーは僕の大好きなサーファーデーンレイノルズでした。

舞台は南アフリカです。

デーンが全て乗って4人のシェイパーが選ばれ再テストです。

選ばれた4人は、JS、MEYHEM、HEYDEN COX、PYZELです。

その他はここで敗退。順位は無しです。敗退したシェイパーは順不同で、

  • STRETCH
  • COLE SIMLER
  • CHILLI
  • ERIC ARAKAWA
  • MAURICE COLE
  • TIMMY PATEERSON
  • DHD
  • CHANNEL ISLANDS
  • RUSTY

そしてデーンが選んだ結果です。

  1. PYZEL

でした。他、3シェイパーは同率2位。

  • JS
  • MEYHEM
  • HEYDEN

PYAZELのボードを触ったときから乗った後まで完全にTIMMY PATEERSONだと思っていたデーンレイノルズでした。PYZELと知って信じられない!と言ってました。

いよいよ今年 2017 ジョーディ

今年は全部同じフィン使用でとなってました。

舞台はメンタワイです。

またまた4つに絞られて。

結果発表!ジョーディが選ぶ調子良い順は、

  1. PYZEL
  2. JS
  3. GRAHAM SMITH
  4. BRADLEY

でした。その他は順不同です。

  • MEYHEM
  • RUSTY
  • DHD
  • STACEY
  • HADEN COX
  • CHILLI
  • JOHNNY CABIANCA
  • SIMON ANDERSON

なんとまたまたPYZELでした〜。本人は完全にDHDだと思ってたボードで、PYZELと知ってかなりびっくりしてましたね。

JSは分かってたみたいです。自分のお父さんのシェイプは全く分からなかったみたい。おもしろいです。

デーンには4人に選ばれたが、今回ジョーディに全然ダメって言われてるシェイパーもあるし、1位は同じPAYZELだし。考察のしどころがたくさんありすぎます。

それぞれの感想を聞いていると明らかにサーフボードの違いが出ていることが分かります。

ポイントブレイクに良さそうとかビーチブレイクに良さそうとか、ルースなボードとかドライブするボードとか、色々な意見が出てきました。

それから乗り手によってもフィーリングは違うのも確かですね。

乗っているサーフポイントによっても違うでしょうね。デーンは良いコンディションは少なかったです。

ライダーとしてそのシェイパーのボードをたくさん乗ったプロサーファーが予想を外すこともあるというのも含めて、サーフボードの奥深さがあります。

選ばれて嬉しいシェイパーもいれば、明らかに調子悪い!と言われて凹むシェイパーもいるだろうけども。

今年はまたパイゼル!?と湧きました。

あと、3人の話聞くとJSはやっぱり良いボードみたいです。

これは楽しい企画。3回続くのかをジョンジョンでやったら楽しいだろうね。デーンもジョーディも他のブランドだと信じたPYZELをジョンジョンは何と言うのか。

またはサーフボード相当うるさいケリーがやっても結果は相当楽しみです。ブランク使用なのでFIREWIREは無いですが。

参考

STAB IN THE DARK 2017のムービー

ピックアップ記事

  1. フィンの高さの馬鹿野郎物語
  2. 学びすぎないサーフボード選びが幸せ
  3. ミックファニング Stab in The Dark
  4. ウェイブプールはパンドラの箱を開ける第一歩と言って言い過ぎではない
  5. サーフィンレベルとローカリズムがゼロの僕がサーフボードを売る理由

関連記事

  1. Diary

    良い波続いてますよ〜塾長来仙

    台風のうねりがお盆休みにヒットです。そして当店初代ビッグウェ…

  2. Diary

    全ての源は本だと思う

    週4冊、年間200冊の読書を目標にしてた頃、一番頭がキレてたと思う。実…

  3. Diary

    ミックファニング Stab in The Dark

    いよいよMick FanningのStab in The Dark …

  4. Diary

    ゴールドコースト Two Fangs

    昨日の新港。セットはできてました。冬は空気が澄んでて天…

  5. Diary

    Wave Pool 日本!

    昨日発表された、東京での屋外人工サーフィン施設は、各スポーツ複合施設の…

  6. Diary

    CLUSTER カイネビル

    https://vimeo.com/116989835&nbs…

おすすめ記事

  1. スナッパーロック 12月28日
  2. サーフィンの歴の歴

ピックアップ記事

最近の記事

ARCHIVES

  1. Surf Report

    Snapper Rocks 5月2日
  2. Surf Shop

    PSYCHO 5’10” ACSOD
  3. Surf Shop

    ウェットデザイン例
  4. バイロンベイ

    Takeda Customs

    オーストラリア到着
  5. Three Blastaのニューモデル、MODEL BASEの紹介画像。

    Three Blasta

    MODEL BASE |Three Blasta Surfboards ニューモ…
PAGE TOP
css.php