Diary

サーフィンの本質が見たい

僕は長年サーフィンの本質を追いかけてきたような気がします。枝葉、小手先のサーフィン技術は必要ないように思います。ローカルだとか上手い下手だとかもサーフィンのとても小さな要素です。必要ありません。たかがスポーツのはずですが、サーフィンはもっと大きなものをもたらせてくれるような気がしています。

まずは隣の人が変だとか捨てることからです。自分が一番変なのだから。それからカッコつけない。人に見てもらうのがサーフィンではありません。人の目気にしているのはサーフィン以外の世界にたくさんあります。自分をさらけ出すのです。壁も取っ払い、上に天井もない。殻を破ったのちに出てくる自分に出会うのはサーフィンの醍醐味ではないでしょうか。

MONSTER 5’8″ ACSOD前のページ

ACSOD納期改善次のページ

関連記事

  1. Diary

    DAY OFF

    本日最終日、DAY OFF。朝一みんなでD-BARで。…

  2. Diary

    木崎浜

    今日は朝、HIGH SURFの徹さんとゆかりちゃんと。ボードテ…

  3. 熊本

    Diary

    熊本にいます

    何かパワーのある街熊本。初めて来たときから良いフィーリングの土…

  4. Diary

    サーフショップHannah Firm

    Hannah Firmは、新しいサーフィンのICON(基点、象…

  5. Diary

    年末年始営業のお知らせ

    サーフショップHannah Firmの年末年始の営業、お休みは下記の通…

  6. Diary

    木崎浜

    熊本を出発して、宮崎へ。波情報見たら、△50だったので…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    海の中から朝日を見に行こう #2
  2. ALEX CREWS インタビュー VISSLA

    ACSOD

    VISSLA ビルダーズのインタビュー ALEX CREWS
  3. 向こう側コンセプト

    Light up T.O.S
  4. ACSOD

    ACSOD モデル選びとサイズ設定
  5. Takeda Customs

    サーフボードを置きにいく?
PAGE TOP
css.php