Takeda Customs

ロングボード ファイバーグラスフィン オンフィン

ロングボードの中でもノーズライダーのクラシックスタイル、The Obsessedモデルだが、TAKEDAファクトリーではやはりオンフィンのオーダーが多い。

オンフィンロングボード

10 1/2″のファイバーグラスのオンフィンだ。

ノーズライダーの場合は、後ろにしっかりとした重心が必要ということでファイバーグラスで大きなフィンをドーンっと付ける。

ハニカムだのカーボンだの動かしやすく小さいフィンだのは、古き好きカリフォルニアの空気からは程遠い。セカセカした現代の悪い風。

ピボットフィンをドーンっといくのがクラシックスタイルで、さらにはそれがオンフィンとなって初めて、カリフォルニアの風が心地よく吹く。

今現在ここまでクラシックにこだわって手作業でファイバーグラスオンフィンを創りあげる職人が少なくなってきたが、その数少ない職人の一人がYoshiro Takedaだ。

ロングボードグラスオンフィン

ここまで来るのにかなり大変な作業だった。

まずは、

グラス

これがグラス。

これをある程度成形する。フィンの形っぽく切るってこと。

フィンっぽい形のものを、少しずつ削っていく。

これで作業的にはまだ1/4も行ってないかも。

オンフィン

ここから削っていく。

 

話しかけられないほど長時間すごく集中した空間だった。

削ってはチェックし、削ってはチェックし、の繰り返し。

クラシックロングボードオンフィン作業工程

クラシックロングボードオンフィン作業工程

クラシックロングボードオンフィン作業工程

 

完成!!

ファイバーグラスフィン

ファイバーグラスフィン

ファイバーグラスフィン

「厳か」

これがこうなる。

ファイバーグラスフィン

Takeda Customsに入るオーダーの多くは「お任せ」。今回のこのボードも。

こうなればかっこいいんじゃないか、このボードの色にはこれだろうな、など言いながらYoshiroはしばらく考えた。

うん、これだな。

と頷き、グラスワークで色をつけていく。

ここからはサーフボードにティントやピグメントを入れていく工程と同じ。

色付ける、ファイバーグラスフィン

色付ける、ファイバーグラスフィン

反対側は違う色で。

色付ける、ファイバーグラスフィン

完成。

ロングボードグラスオンフィン

9’8″ 24″ 3 7/16″

完成 the obsessed

グラスオンフィン

グラスからフィンを削ってデザインしてボードに付けるって普通に考えたらシンプルだけど。

現代は機械でフィンを大量生産してボックスをボードに埋め込んで効率を求める。

職人の手作業により仕上がったボードは、唯一無二。

魂が宿り、カリフォルニアの風がそよそよ。

これは、「サーフィンに人生をかける格式高いサーファーが手に取る価値のあるもの」って言えるかもしれない。

〜関連記事〜

フィンの高さの馬鹿野郎物語

ログ、オンフィン空輸に成功

オンフィン貴重ログ在庫

The OBSESSEDモデル

ピックアップ記事

  1. フィンの高さの馬鹿野郎物語
  2. 上級者サーフボードモデルとサイズをTOBYで見る
  3. 学びすぎないサーフボード選びが幸せ
  4. Stab In The Dark 2017 ジョーディ
  5. ミックファニング Stab in The Dark

関連記事

  1. Takeda Customs

    TAKEDA CUSTOMS CAP

    TAKEDA CUSTOMSにて、キャップのリリースです。…

  2. Takeda Customs

    TAKEDA CUSTOMS JAPANツアー終了

    TAKEDA CUSTOMS JAPANツアーから帰ってきた。…

  3. 大貫 takeda customs

    Diary

    栃木トリップ

    TAKEDA CUSTOMSで大変お世話になっているTOMOさんに会い…

  4. Takeda Customs

    TAKEDA CUSTOMS TEE

    投稿 by Takeda Customs.TAKE…

  5. Takeda Customs

    TAKEDA フィジー

    TAKEDA CUSTOMSのシェイパーYOSH氏がフィジーに行ってま…

  6. Takeda Customs

    Takeda Customs デザイン

    タケダカスタムらしいデザインが続々仕上がっています。LEAFの…

おすすめ記事

ピックアップ記事

最近の記事

ARCHIVES

  1. MH

    CHIPPA WILSON 中古ボード
  2. Diary

    マルとスピードボード
  3. 仙台新港 6月17日

    Diary

    仙台新港 6月17日
  4. SUMMER EYE 豊橋

    Alex Crews Shapes

    SUMMER EYE 豊橋
  5. Surf Report

    吉田浜 1月29日
PAGE TOP
css.php