Diary

波を取る

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=DaQx-gmfI44″ /]

TAKEDA CUSTOMSのチーム、AIDENがグリーンマウントでSEA HAWKモデルに乗る映像です。

ツインフィンモデルSEA HAWKの乗り方がかっこいいのはもちろんですが、見たいのは波取り。

手を出さない、手を出さない、手を出さない、で、一番いいやつ乗る、みたいな。

手を出した一番いい波に競う人が誰もいないというところがさすがです。

AIDENの目線を追ってみよう。心境を予想します。

  • 1本目、サイズ小さくてクローズアウトしてくれないので、乗ってきてる人が終わらない、あそこでチューブできるのね、と確認
  • 2本目、小さい。これを乗るならもっとスナッパー寄りか、右。
  • 3本目、いけるかも。自分の後ろ、ここで潰れるな。
  • 4本目、これだー!

4本目、とにかくパドル開始が早いです。これはクローズするから乗ってるやつは繋げないという判断が早いです。

これができません。

これはもちろんAIDENが子供の頃からスナッパー〜グリマンでサーフィンしてたというのもあります。

しかし、自分がグリマンでサーフィンして思うことはいつもそう。なんであいつばっかり良いの乗れるんだよ!ってことです。

スナッパーからグリマンにかけて、ずらっと斜めに人が並びます。どこでも乗れると言えば乗れますが、なぜか乗る人はいつも同じです。

波のブレイクを観察し波を取ります。当たり前のことですが意識高くないとダメだなとこの映像を見て実感です。

割れ方、うねりの向き、セットの波はどんなか、周りの人の動き、たくさん考えることはあると思います。

この日の次の日、一人で短時間1本勝負に行って、AIDENになりきったつもりでトライして、この場所で良い波掴みました☆

なんとなく分かったような、分からないような。

皆様もぜひ、波を取るって意識高くないとダメってもう一度考えてみましょう!

Takeda Customs New Movie前のページ

CTに入りたい!費用はいくらかかりますか?次のページ

関連記事

  1. Diary

    まぁそう騒ぐな

    一様に大事なものを取られたとアタフタしている。限りなくフローな…

  2. ALEX CREWS

    Diary

    シメ

    月ホテルの最上階明石海峡大橋…

  3. Diary

    今後真夏も掃除することになりました

    3往復も。前にゴミ捨ても手伝ってもらっ…

  4. ACSOD

    熊本

    今日は岡山の津山から熊本まで〜。6日間で2300km運転したぜ。…

  5. Diary

    僕のサーフィンの原点

    僕のサーフィンの原点は、ここ。青森県三沢市。去…

  6. Diary

    J’S前 和田 7月3日

    今日は昨日よりもさらに小さくなって、引いてる時間だけできた。…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. サーフィンの歴の歴

    Diary

    サーフィン歴の歴
  2. デーン・レイノルズ

    Diary

    スタイルを今決めるってば
  3. 向こう側コンセプト

    サーファーである以上10%へ向かうのは当然、一択
  4. スナッパーロック 12月28日

    向こう側コンセプト

    こっちに有利なはずなのに不利な方へわざわざ合わせるこのヤキモキ
  5. Diary

    波を取る
PAGE TOP
css.php