Diary

行った人にしか向こう側は見えない

ドローンで人を運ぶのは遠くない未来。もしかしたら沖までドローンに乗せられて、ラインナップに落としてもらうのが当たり前になったり。技術的には全然ある。仙台新港は正面突破なので大きな波の日はとにかく出るのが大変だ。

最初はドローンを使える人が限られる2〜3年があるとして。その後はみんながドローンを使って沖に出るようになるとして。最初の2〜3年は、岸からパドルで出た人とドローンで落とされた人が沖で混ざる。両サーファーの心の隔たりはローカルとビジターのそれよりも大きい。絶対仲良くできない。

パドルで出た人のサーファーとしての尊厳。

その後、沖に落とされる時代が当たり前になったとき、その隔たりは無くなるが、寂しいサーフィンじゃねぇか。あの緊張感無くなるのかよ。ローカルとビジターあっていいと思う。未来でそれを言ってるとダメだと思うけど。未来から見れば今は古き良き時代。パドルアウトした人とドローンで沖に落とされた人の隔たりに比べれば全然。

将来のサーファーには到底分からない今目の前にある価値あるパドルアウトを大事にしよう。向こう側には何かあるに違いない。

海は気嵐前のページ

12月4日 仙台新港次のページ

関連記事

  1. Diary

    伊豆に来ました

    明日は『第六回 獣医師オープンサーフィンコンテスト』のため本日伊豆へ。…

  2. Diary

    年末年始の営業のお知らせ

    年末年始の営業のお知らせです。年末ボードオーダー受付:12月3…

  3. Diary

    卸売業復権への条件

    今回のハンナ図書館のコーナーは、宮下正房著「卸売業復権への条件…

  4. Diary

    サーフィン歴3年でテイクオフをやり直せっ!

    毎日良い波ですね〜。本日も練習日よりです。すっかりSPORTS CA…

  5. Diary

    寒さと小波とミッドレングスと

    サーフィンせずにサーフィンはできるようにはならない。僕は自分に言い聞…

  6. ACSOD

    SUNRISE 三重四日市

    日本縦断友達の輪 ~Presented By Three Blasta…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. 外車の真相

    Diary

    日本車と外車
  2. ALEX CREWS インタビュー VISSLA

    ACSOD

    VISSLA ビルダーズのインタビュー ALEX CREWS
  3. ケリー使用ボード

    Diary

    プロが使用するサーフボードのサイズ
  4. Diary

    今どこもかしこも2+1のフィン
  5. Diary

    ブランド別サーフボードオーダー割合
PAGE TOP
css.php