向こう側コンセプト

サーフィンスタートの人に響かない理由

僕は波に乗らないことの不可能性を説いています。しかしまだまだその理想には距離があって、波に乗ることの可能性を説明しているにすぎないのです。

波に乗っている私と波に乗らされている私

これらの重なる体験がアート作品そのものということです。波に自分勝手に乗る人はサーフィンの醍醐味に気付かないのかもしれません。波との調和が魅惑です。その世界では波に乗らないことが不可能というわけです。これを説明しても響かないですし、波に乗ることの可能性を説明しても本質と違うものですし。サーフィン始めて1年や2年で気付く方がいてびっくりすることもあります。

SUP求人前のページ

MONSTER 5’9″ ACSOD次のページ

関連記事

  1. 向こう側コンセプト

    BRINK SURF 日本語ムービー

    向こう側コンセプトでは非対称ボードを投入しております。非対称ボード第…

  2. 向こう側コンセプト

    形を決めないことが向こう側

    ソフトボードはビギナー用である。小波向けにソフトボードを持つならあっ…

  3. 向こう側コンセプト

    ツインフィンではない何かは、ツインフィンおばけかもしれない

    これはツインフィンか。と問う。2枚フィンだからツインフィン。…

  4. 向こう側コンセプト

    Rich Pavelのフィッシュ For Neal Purchase Jnr.

    宮城県と仙台市で初めて不要不急の外出自粛が発表な土日。4月4…

  5. 向こう側コンセプト

    【9】僕も最初は自分には無理だと思っていたけどまずは乗ることから

    ここ数日のまとめをしよう。アーティストが見ている共感覚(イメージする…

  6. 向こう側コンセプト

    【10】サーフボードの未来

    休業中に考えるサーフボード全10本、本日で終わりとします。最後はサー…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    2019年サーフボードの流れ
  2. ACSOD

    ターネイによるACSODサーフボード紹介 エピソード2
  3. Diary

    オリンピック金メダリストのサーフボード
  4. Diary

    パイプライン2014 プロ使用ボードと来季WCT
  5. Diary

    ブランド別サーフボードオーダー割合
PAGE TOP
css.php