Takeda Customs

サーフボード売りたい人も買いたい人もいっぱいいるけど作る人がいない

怒涛の土日は終わり気付けば梅雨明け。いよいよ夏がやってきました。海もたくさんのサーファーで賑わっていますよ。キッズサーファーも見ますね。

そして、サーフボード業界は超多忙でございます。オーストラリアの工場もどこもフル稼働。コロナ保証もいろいろとありまして、職人が本当に足りません。そして日本の工場も忙しいみたいです。サーフィンバブルですか?

今の時代、サーフボードブランドをプロデュースする人はたくさんいます。シェイパーもたくさんいます。そして僕たちみたいにサーフボードを販売する人はもっとたくさんいます。”これらはデジタルの仕事です。”

足りないのは職人です。造り手が本当に少ないみたいです。サーフボードをグラスする人、サンディングする人、フィン立てたり、デザインとか、仕上げとか。やっぱり黙々と粉まみれになって作業する人が少なくてとても貴重な存在になっています。収入次第であっちこっちと動く職人、まだまだ見習いなのに人がいない理由で働かざるを得ない人とか。(そういうこともたまには見られるという意味です)”こちらは実態のある仕事です。

これからの時代は実態のある仕事は本当に価値があります。繰り返しになってしまいますが、ブランドや販売する人はいっぱいいます。いすぎます。しかし作業する人が全然いません。

そう考えますと、サーフボードの場合は一人でシェイプから仕上げまでやり、1本1本心込めて作るブランドは今の時代は希少です。うちではTAKEDA CUSTOMSみたいなブランドです。彼はそれを計算しているわけではないですが、昔から変わらずずっと乗り手のハッピーを考えるをミッションとしてサーフボードを制作しています。たくさんのブランドがシェイプしたボードのグラス以降をTAKEDAに頼みに来るそうです。シェイパーはいっぱいいるのです。グラスから仕上げまでの仕事をする人を探しています。TAKEDAは今は手一杯なので全て断っているようです。技術ある職人は他シェイパーの仕上げをしている暇はありません。

サーフボードを買うときは、シェイプから仕上げまで全てを自分でやっているという、そのようなブランドを選択肢の一つに入れてみても良いかもしれません。今の時代だからこそものづくりの本質が見えてきます。

参考

TAKEDA CUSTOMS デザイン例

カリフォルニアのサーフボードって巻きが悪いの目立ちませんか?の答え

ACSOD News Letter前のページ

MANDALA CUSTOM SHAPES ARCTAIL EDGE次のページ

関連記事

  1. TAKEDA CHOPPER

    Takeda Customs

    TAKEDA CUSTOMSのCHOPPERモデル解説ムービー

    ベニーズボードルームという、ボードを紹介していくサイトでTAKEDA…

  2. INDO QUESTモデル

    Surf Report

    仙台新港 7月25日

    朝は風も入ってなくて乗れてる。腰も無い波が多いけど、し…

  3. Takeda Customs

    BLUCOのイベントで東京行ってきました

    BLUCOが渋谷で開催している「DA AUTHEN CONFLUX」へ…

  4. CHOPPER 5'2" EPS

    Surf Shop Sendai

    CHOPPER EPS 5’2″ TAKEDA CUSTOMS

    TAKEDA CUSTOMS CHOPPERモデル EPS 5'2…

  5. Takeda Customs

    ログ、オンフィン空輸に成功

    クラシックロングはオンフィンでしょ。の気持ちは、こちらの記事、…

  6. 仙台新港 7月19日

    MH

    仙台新港 7月19日 MHとTAKEDA

    昨日18日の夕方はこんな感じ。吹き続けたオンショアが止むということで我…

最近の記事

  1. LESSON BLACK

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Surf Shop Sendai

    ハンナファームカップ2019は小さかったり大きかったりした
  2. TAKEDA CHOPPER

    Takeda Customs

    TAKEDA CUSTOMSのCHOPPERモデル解説ムービー
  3. Diary

    今どこもかしこも2+1のフィン
  4. Diary

    海の中から朝日を見に行こう
  5. Diary

    ビギナーサーファーの幸せはいつ訪れるのか
PAGE TOP
css.php