向こう側コンセプト

MANDALA CUSTOM SHAPES ARCTAIL EDGE

向こう側コンセプトに投入ボードのご紹介です。

今回はカリフォルニアから初登場 MANDALA マンダラです。

MANDALA ARCTAIL EDGE 5’7″

シェイパーはマニーカロ。

アークテイルもエッジもアーティスティックですね。

エッジは結構深め

フィンはもちろんエッジボード専用ですよね!Greenough High Speed Volanです。フレックスとツイストによってエネルギーをためて、一気に爆発!というフィンです。ベースが狭いのが特徴です。

アークテイルエッジのロッカーはこんな感じです。

アークテイルエッジのレール

マンダラのエッジボードは、George GreenoughとMarc Andreiniからの派生です。一番はスピードです。とにかくスピード命☆それから幅が一気に狭くなるそうです。例えば20″ある幅が15″くらいになっちゃうという。この幅にフィンのベースが狭いことからスノーボードに乗っている感覚になると言う。

メーカーホームページにはこんなエッジボードも上がってました。ワクワクする〜。

ジョージグリノーとマークアンドレイニからのマニーカロ。このエッジボードに乗りたくて中古ですがカリフォルニアから送ってもらいました。カリフォルニアの歴史を感じてみてください。スピードを体感ください。そしてボトムでパワーをためてから一気に爆発的な開放です。

向こう側コンセプトにご入会の際は店頭にて受付ください。どなたでもご入会可能です。

参考

向こう側コンセプトで利用できるボード

マニーカロのエッジボード

サーフボード売りたい人も買いたい人もいっぱいいるけど作る人がいない前のページ

毎日少しの時間をサーフィンに次のページ

関連記事

  1. スナッパーロック 12月28日

    向こう側コンセプト

    こっちに有利なはずなのに不利な方へわざわざ合わせるこのヤキモキ

    僕がシングルフィンで感動して、今も忘れられないのは、ゴールドコースト…

  2. 向こう側コンセプト

    Christenson Nautilus 6’8″ 投入しました

    向こう側コンセプトに投入されたボードのご紹介です。今回は、カリフォル…

  3. 向こう側コンセプト

    【5】サーフボードアーティストの思考

    カリフォルニアにドナルドブリンクというサーフボードアーティストがいる…

  4. 向こう側コンセプト

    サーフィンについては上手い下手は関係ない

    目指すべきサーフィン、目指すべきサーファーにこだわってきたが、間違え…

  5. 向こう側コンセプト

    水は冷た〜い

    今日はパベルのフィッシュ乗ってみました。6'6"のツインフィンです。…

  6. 向こう側コンセプト

    BRINK SURF 日本語ムービー

    向こう側コンセプトでは非対称ボードを投入しております。非対称ボード第…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    ブランド別サーフボードオーダー割合
  2. ACSOD

    ターネイによるACSODサーフボード紹介 エピソード2
  3. 外車の真相

    Diary

    日本車と外車
  4. ケリー使用ボード

    Diary

    プロが使用するサーフボードのサイズ
  5. Diary

    今どこもかしこも2+1のフィン
PAGE TOP
css.php