Takeda Customs

TAKEDA × AB × PARKO

TAKEDA CUSTOMSの6チャンネル、フィックスのシングルフィンです。

現在、バーレーヘッズのおしゃれなバー「BURLEIGH BREWING」に飾られているこちらのボード。

こちらのNO.1(オレンジ)はジョエル・パーキンソン用。

実はこのボードは、Allan Byrneのボードのレプリカです。

巨匠中の巨匠、アランバーン、手のマークのボードを知っている人も多いかもしれません。

クラシック系やチャンネルなど常に革新的なボードをシェイプするレジェンドでした。

そして6チャンネルのシングルフィンをパーコに削りました。そのボードがこちらです。バーレーヘッズのシングルフィンフェスティバル、2017と2019でパーコが優勝したときに使用した実際のボードです。

2017年のバーレーヘッズシングルフィンフェスティバルの様子です。

こちらは2019年、2:40〜パーコです。

大好きなアランバーンのボードを使い続けて、見るからにボロボロです。

どうしてもこのボードが欲しいと思ったようです。

アランバーンは5年くらい前に亡くなってますので、そこで白羽の矢が立ったのがYoshiro Takedaでした。

パーコが同じボードがほしい!と思い、Yoshiro氏に頼みに来ました。

今はオーストラリアでは、クオリティトップクラスのシェイパーとして名高いYoshiro氏。

ロブマチャドもネビルハイマンも、ボードをお願いしに来ます。パーコも来ました。

完成したのがこちらです。

息を呑むボードですね。見たい!乗りたい!

ものすごい反響のため、3本限定で製作を決定。他人のレプリカなのでもう作ることはしませんと。あと3本のみで。

そして、ジャパンへNo.4がやってきます。

フルハンドシェイプ、ディープ6チャンネル、オンフィン、ティントデザイン、スプレーデザイン、ポリッシュ仕上げ。

サイズもパーコのアランバーンと同じです。

5’10” 19 1/4″ 2 11/16″

TAKEDAとABとPARKOのトライアングルでできた最初で最後のボードです。

PARKOと色違い、NO.4、展示が終わったら日本へ。

販売致します。

ご希望の方はお問い合わせください。

関連記事

  1. Takeda Customs

    LEAF 6チャンネル TAKEDA CUSTOMS

    TAKEDA JAPANの納品であり、サーフショップハンナファームの…

  2. THE OBSESSEDモデル

    Diary

    JOEL TUDOR道に入門しました

    JOEL TUDORの存在が一気にクラシックのログを流行らせた。…

  3. Takeda Customs

    Takeda Customs パフォーマンスボード

    Takeda Customsのパフォーマンスモデルの紹介です。…

  4. Blue. 7月号

    Takeda Customs

    Blue. 7月10日発売

    雑誌「Blue.」…

  5. ファイバーグラスフィン

    Takeda Customs

    オリジナルハンドメイドオンフィン

    既製フィンを買ってきてオンフィンにするというのでは無く、フィン…

  6. TAKEDA CUSTOMS SEA HAWK

    Takeda Customs

    イベント展示用ボードご予約可能です

    来月バリトリップに行くらしく、お客様のオーダーボードと来月のイベントに…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Surf Shop Sendai

    ハンナファームカップ2019は小さかったり大きかったりした
  2. Diary

    2019年サーフボードの流れ
  3. Surf Shop Sendai

    ハンナファームカップ2018エントリー受付スタート
  4. ALEX CREWS インタビュー VISSLA

    ACSOD

    VISSLA ビルダーズのインタビュー ALEX CREWS
  5. Takeda Customs

    Fish Edge Takeda Customs
PAGE TOP
css.php