Diary

波を取る

TAKEDA CUSTOMSのチーム、AIDENがグリーンマウントでSEA HAWKモデルに乗る映像です。

ツインフィンモデルSEA HAWKの乗り方がかっこいいのはもちろんですが、見たいのは波取り。

手を出さない、手を出さない、手を出さない、で、一番いいやつ乗る、みたいな。

手を出した一番いい波に競う人が誰もいないというところがさすがです。

AIDENの目線を追ってみよう。心境を予想します。

  • 1本目、サイズ小さくてクローズアウトしてくれないので、乗ってきてる人が終わらない、あそこでチューブできるのね、と確認
  • 2本目、小さい。これを乗るならもっとスナッパー寄りか、右。
  • 3本目、いけるかも。自分の後ろ、ここで潰れるな。
  • 4本目、これだー!

4本目、とにかくパドル開始が早いです。これはクローズするから乗ってるやつは繋げないという判断が早いです。

これができません。

これはもちろんAIDENが子供の頃からスナッパー〜グリマンでサーフィンしてたというのもあります。

しかし、自分がグリマンでサーフィンして思うことはいつもそう。なんであいつばっかり良いの乗れるんだよ!ってことです。

スナッパーからグリマンにかけて、ずらっと斜めに人が並びます。どこでも乗れると言えば乗れますが、なぜか乗る人はいつも同じです。

波のブレイクを観察し波を取ります。当たり前のことですが意識高くないとダメだなとこの映像を見て実感です。

割れ方、うねりの向き、セットの波はどんなか、周りの人の動き、たくさん考えることはあると思います。

この日の次の日、一人で短時間1本勝負に行って、AIDENになりきったつもりでトライして、この場所で良い波掴みました☆

なんとなく分かったような、分からないような。

皆様もぜひ、波を取るって意識高くないとダメってもう一度考えてみましょう!

ピックアップ記事

  1. TAKEDA × NEV
  2. 上級者サーフボードモデルとサイズをTOBYで見る
  3. 学びすぎないサーフボード選びが幸せ
  4. サーフィンレベルとローカリズムがゼロの僕がサーフボードを売る理由
  5. フィンの高さの馬鹿野郎物語

関連記事

  1. 松岡慧斗 Wave of the winter

    Diary

    松岡慧人 Wave of the winter

    2018/19シーズンで、仙台出身の松岡慧斗プロが Wave of …

  2. Diary

    プール前 舞阪 8月31日

    やったぜ大ちゃん!!今年の初戦、あっさり負けてプロになるのは難…

  3. Diary

    ぐる〜っと勉強してきました

    今日はみんなで朝一スナッパー、レインボー、最高。ずっと乗れ…

  4. Diary

    小波

    本日も小波です。ここ最近ずっと小波ですが、それでも毎日できるっ…

  5. Diary

    トラッセルズプロ使用ボード

    アツい戦いが終わった。結果、JORDY!あのパワーサーフィン、…

  6. Diary

    お倉ヶ浜

    朝一、5時半出発で徳島を出て、愛媛の八幡浜へ。フェリー。…

おすすめ記事

  1. TAKEDA CHOPPER

ピックアップ記事

  1. ハンナファームニュースレター

最近の記事

  1. LESSON BLACK
  2. Devon Howard インタビュー続き
  3. COFFEE STAIN 6'0" ACSOD

ARCHIVES

  1. Surf Report

    Tugan 2月4日
  2. Surf Report

    仙台新港 6月22日
  3. 仙台新港 5月28日

    Surf Report

    仙台新港 5月28日
  4. Diary

    Diverse Cup 2012
  5. Three Blasta

    Tシャツ入荷
PAGE TOP
css.php