Diary

Donald Brink ドナルド・ブリンク

南アフリカ人のドナルドブリンク。ベースジャズのミュージシャンとしてアメリカに渡り、今はシェイパーとしてカリフォルニアに拠点を置いています。音楽だけではなく絵画もやり、生粋のアーティスト。シェイプはどれをとっても独創的で、非対称ボードを多く削っているようです。

だいぶ前から国を超えてたくさんのアーティスト探しをしていて、目に止まりました。POD CASTでシェイプ理論を語っているのを聞いてこの人だ!って思いまして。VISSLAクリエイターチームでもあるようです。

POD CASTの中で、「サーフボードを売ることに焦点を置くとナンバーズゲームになってしまう、僕にとって重要なことはカスタムアートをお客さんと共有すること。どういうサーフボードが欲しいのかに合わせるのがクリエイターであるはずで、数を追うとマッチしなくなるから。Piece of waterにステイするのがサーフボードも目的だ。」って言ってて、水の断片。深い!

迷いなく即答。カスタムオーダーしました。

DONALD BRINK RETRO 5’7″ 20 1/2″ 2 3/8″

僕の身長体重と、日本の小波向きというのは考慮しないでください。とだけ伝えてサイズは完全にお任せしました。

そして期待通り!やはり!正に僕が欲しいボードをクリエイトしてくれた。つまり、向こうのシェイパー達が乗っているサイズ感で上がってきました。前から僕が皆様に伝えたかったこと、日本の小波に月1〜2回サーファーが乗るためにコンセプトから外れた浮力大きなボードはあくまでイレギュラーであるということ。それなのに日本のサーフショップやウェブショップの在庫にはそういうサイズしかないのでみんな勘違いしてそれが普通だと思って乗っていること。例えば、フィッシュのモデルコンセプトは皆様が思っているより短いです。向こうのシェイパーは短いのに乗ってます。それがフィッシュの楽しみ方です。(もちろん長いコンセプトのフィッシュもありますが。)本質は見誤っては本当にもったいないと思うのです。向こう側を照らす光は思ったよりも向こう側にあるものです。

僕にとっては初めてのアシンメトリーのボードでした。最高です。頭、腹胸、腰とテストしました。分からないかな〜と思っていたのですが、アシンメトリーの意味分かりました。レギュラーは最高速で思いっきり行く!という感じで、バックサイドは簡単に鋭角に入ってくれます。

こちらはナチュラルスタンス用です。グーフィーフッターは非対称が反対になります。

参考

こっちに有利なのに不利な方へわざわざ合わせるこのヤキモキ

仙台真冬用ウェットスーツ解説

ピックアップ記事

  1. Stab In The Dark 2017 ジョーディ
  2. サーフィンレベルとローカリズムがゼロの僕がサーフボードを売る理由
  3. ミックファニング Stab in The Dark
  4. 上級者サーフボードモデルとサイズをTOBYで見る
  5. TAKEDA × NEV

関連記事

  1. Diary

    仙台新港 9月9日

    腹くらい。風入ってて。多分朝一の方がいいかな。明日はサイズ上が…

  2. Diary

    J-BAY プロ使用ボード

    今回のWCT J-BAYでのプロ達の使用ボードをチェックしてみ…

  3. Diary

    吉野川 徳島 8月1日

    和歌山から帰り、そのまま大阪へ。夜中12時集合で、ja…

  4. Diary

    スリーブラスタでサーフィンを変えたい

    nikon対canonのカメラの比較映像だけど、こんな差って一…

  5. Diary

    全ての源は本だと思う

    週4冊、年間200冊の読書を目標にしてた頃、一番頭がキレてたと思う。実…

  6. Diary

    冬の楽しみ

    一昨年の冬はショップ作り。敦にも手伝ってもらいながら、ほぼ自分でやった…

おすすめ記事

  1. スナッパーロック 12月28日
  2. サーフィンの歴の歴
  3. デーン・レイノルズ

ピックアップ記事

最近の記事

ARCHIVES

  1. Diary

    藤本軌道忘年会鳥取サーフトリップ
  2. Diary

    サーフィンスタイルとサーフボードは足さない
  3. サーフボードはエンターテイメント

    Diary

    サーフボードはエンターテイメント
  4. Alex Crews Shapes

    YO-SHUN
  5. 仙台新港 5月4日

    Alex Crews Shapes

    仙台新港 5月4日
PAGE TOP
css.php