Diary

駐車場は遠い方が良いんじゃないか

お茶を飲む前に茶碗を回すことや、十二単衣を着るということなど、日本の文化についてのお話を聞いたのですが、サーフィンする前に少し歩くって共通していてとても大事だなと思いました。

駐車場から砂浜までサーフボードを抱えて歩いているとき、ものすごい回想してるし、それはサーフィンに向き合う前に大事なことだと思う。最近駐車場が近くなり、また、どこからが一番近いだろうと考えていた思考があって。よく考えると本当に近いところがいいのかなって。一人ならばしばらくサーフィンのこと考えながら歩く時間であり、仲間となら他愛もないことを話をし、海を見ながら歩く時間。サーフィンが終わってからの帰りの道は反省の時間だったり幸福感たっぷりの時間だったり。それは片手にサーフボードがあるからこその回想ってあるし。誰かと一緒に歩くならもっと幸せがあると思う。

茶道や華道、十二単衣にあるように、世界に入る前と後。一人か仲間とか。表現はし辛いのだけど大事な時間。

ぜひ積極的に歩いてみてください。

GHOST 5’7″ ACSOD前のページ

NSA 級検定行ってきました次のページ

関連記事

  1. Diary

    マックで生まれるのは夢ではなく現実だ

    今日は、仙台市にてサーフショップをしていくために僕にとってなくてはなら…

  2. Diary

    令和4年2月1日

    お陰様で2月1日より会社は8期目のスタートを切りました。関わってくだ…

  3. サーフィンの歴の歴

    Diary

    サーフィン歴の歴

    同じサーフィンレベルの2人がいたとします。片方がサーフィン歴…

  4. 新港ビーチフェス

    Diary

    新港ビーチフェス

    ローカルな大会やろうぜってことで仙台サーフショップユニオン主催の新し…

  5. Diary

    2日目 インタースタイル2016

    2日目はインタースタイルの来場者が一気に増えて、ハンナのブースも終日盛…

  6. Diary

    2022年新年挨拶

    明けましておめでとうございます。今年は2年ぶりに帰省しまして静岡の実…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    海の中から朝日を見に行こう
  2. Diary

    パフォーマンスサーフボードの複数本の持ち方
  3. Diary

    海の中から朝日を見に行こう #2
  4. Diary

    CTに入りたい!費用はいくらかかりますか?
  5. ALEX CREWS インタビュー VISSLA

    ACSOD

    VISSLA ビルダーズのインタビュー ALEX CREWS
PAGE TOP
css.php