デーン・レイノルズ

Diary

スタイルを今決めるってば

サーフボードが好きなので、サーフボードの世界で生きていこうって決めたおかげで、サーフボードの地位が高くなりすぎた僕は、違うフェーズに入りました。

良かった気付いて。

シングル、ツイン、なんて最近じゃ普通。ミニシモンズ?すごいチャンネルがいいか。エッジボードやハル、はたまたボンザーか、デュアルシングルだったあるしな、スピードボードがいいかな。

なんて、それらを持っていることがステータスで乗りこなす自分がかっこいいなんてちょっとは思ってたんですが。

実は〜。それらは主役ではありません。

では主役は?

自分です。

サーファーそのものです。

だからスタイルっていうのがあります。

前にも紹介しましたが、デーン・レイノルズがこれらの特殊なボードに乗ってサーフィンを見せてくれますが、

これ見るとどれ乗っても全部デーン・レイノルズです。

これがスタイルです。

主役はボードではなく、乗り手。

着飾ったボードを持って自慢するだけだと、それが変われば全てが変わる。

あのボードがすごいんだ。になってしまいます。

分かりやすく言うと、東京大学出ました。みたいなもので着飾ると。京都大学出ました。みたいに着飾っている人と簡単に入れ変わってしまう。

デーン・レイノルズは東京大学でも京都大学でも高卒でも中卒でもデーン・レイノルズなのです。

自分が輝かなきゃ。自分発信のスタイルで、それらのボードを乗りこなすのです。

自分発が大事。

僕はサーフボード以外にサーフショップもやっているけど、サーフショップ側での真は、「脱中級」「中級者の底上げ」です。

これは最初からずっとここにフォーカスしています。

スタイルを身につけるレベルのときなので、サーファーの一番大事な時期と言えるのかもしれません。

ここでスタイルがダサくなる、またはスタイル出せなくてボードで着飾ってしまうのです。

そう、今こそスタイル作るときだってば。

サーフボードでスタイル作らないように。

そういうの乗ってればスタイルと思わないように!

遅ればせながら僕は今気付いたところ。

参考

TAKEDA TEE

ガラポン抽選会キャンペーン

ACSOD NEWS LETTER文章を書くときは朝海行かない!って夏はできない前のページ

COFFEE STAIN 5’10” ACSOD次のページ

関連記事

  1. インタースタイル2017 TAKEDA

    Diary

    インタースタイルからR BURGERへ

    仙台に戻り。本日19日(日)より通常営業再開。よろしく…

  2. Diary

    J’S前 和田 7月2日

    朝一、マルキチェックするも、誰も入ってなくて、波が良くなかった。…

  3. Diary

    ドリームハワイ

    小山さんからハワイのおみやげいただきました。雑誌は俊文さん愛読書。…

  4. ACSOD

    Alex Crews Shapes|ACS

    Alex Crews Shapes(アレックスクルーズシェイプ…

  5. CARVER 仙台

    Diary

    お店は無休であけてます

    5月、6月、7月で、お店を開けなかったのは1日だけです。なのに…

  6. Diary

    クイッキープロおフランス、プロ使用ボード

    クイックシルバープロフランスでのプロ使用ボードをまとめたよ。今…

最近の記事

  1. 朝日
  2. HANNAH FIRM

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    2017年サーフボード展望
  2. Diary

    海の中から朝日を見に行こう #2
  3. Diary

    今どこもかしこも2+1のフィン
  4. Takeda Customs

    Takeda Customs New Movie
  5. スナッパーロック 12月28日

    向こう側コンセプト

    こっちに有利なはずなのに不利な方へわざわざ合わせるこのヤキモキ
PAGE TOP
css.php