デーン・レイノルズ

Diary

スタイルを今決めるってば

サーフボードが好きなので、サーフボードの世界で生きていこうって決めたおかげで、サーフボードの地位が高くなりすぎた僕は、違うフェーズに入りました。

良かった気付いて。

シングル、ツイン、なんて最近じゃ普通。ミニシモンズ?すごいチャンネルがいいか。エッジボードやハル、はたまたボンザーか、デュアルシングルだったあるしな、スピードボードがいいかな。

なんて、それらを持っていることがステータスで乗りこなす自分がかっこいいなんてちょっとは思ってたんですが。

実は〜。それらは主役ではありません。

では主役は?

自分です。

サーファーそのものです。

だからスタイルっていうのがあります。

前にも紹介しましたが、デーン・レイノルズがこれらの特殊なボードに乗ってサーフィンを見せてくれますが、

これ見るとどれ乗っても全部デーン・レイノルズです。

これがスタイルです。

主役はボードではなく、乗り手。

着飾ったボードを持って自慢するだけだと、それが変われば全てが変わる。

あのボードがすごいんだ。になってしまいます。

分かりやすく言うと、東京大学出ました。みたいなもので着飾ると。京都大学出ました。みたいに着飾っている人と簡単に入れ変わってしまう。

デーン・レイノルズは東京大学でも京都大学でも高卒でも中卒でもデーン・レイノルズなのです。

自分が輝かなきゃ。自分発信のスタイルで、それらのボードを乗りこなすのです。

自分発が大事。

僕はサーフボード以外にサーフショップもやっているけど、サーフショップ側での真は、「脱中級」「中級者の底上げ」です。

これは最初からずっとここにフォーカスしています。

スタイルを身につけるレベルのときなので、サーファーの一番大事な時期と言えるのかもしれません。

ここでスタイルがダサくなる、またはスタイル出せなくてボードで着飾ってしまうのです。

そう、今こそスタイル作るときだってば。

サーフボードでスタイル作らないように。

そういうの乗ってればスタイルと思わないように!

遅ればせながら僕は今気付いたところ。

参考

TAKEDA TEE

ガラポン抽選会キャンペーン

ピックアップ記事

  1. ミックファニング Stab in The Dark
  2. 向こう側思考のススメ
  3. TAKEDA × NEV
  4. ウェイブプールはパンドラの箱を開ける第一歩と言って言い過ぎではない
  5. フィンの高さの馬鹿野郎物語

関連記事

  1. Diary

    サーフボード講座

    今日のサーフボード講座は、『シングルフィンの選び方』でした。…

  2. Diary

    ポルトガルのプロ使用ボード

    ぽーちゅぎーでプロたちが使用していたボード。並び順は体重の順番。リッタ…

  3. Diary

    磯ノ浦、大阪、京都、三重、愛知

    15日は台風18号が近づき、どこで波乗りできるか、情報が錯綜。がくくん…

  4. Diary

    迎春

    謹んで初春のお慶びを申し上げます。本年も皆様の元に幸せ…

  5. Diary

    トラッセルズプロ使用ボード

    アツい戦いが終わった。結果、JORDY!あのパワーサーフィン、…

  6. Alex Crews Shapes

    湯河原から東京

    5月3日11時までIrie surfさんにて試乗会。ゴ…

おすすめ記事

ピックアップ記事

最近の記事

ARCHIVES

  1. Surf Report

    仙台新港 2月27日
  2. Alex Crews Shapes

    JPSA 第二戦 白浜
  3. Diary

    2019年サーフボードの流れ
  4. ACSODからニューモデル「STREET STRIPPER」がリリースされました。

    Alex Crews Shapes

    STREET STRIPPER デビュー
  5. TAKEDA SEA HAWK

    Takeda Customs

    TAKEDA SEA HAWK 5’3″
PAGE TOP
css.php