Three Blasta

About us

マシーンでサーフボードを削る、シャドウシェイパーが整える、決まったデザインから選ぶ、といった合理化されたサーフボード製造が、現在アメリカ・オーストラリア、全世界で主流となりつつあります。

それならばアジアでも、ということで、サーフボード製造の拠点が移動しつつあります。

合理化の結果、誰がやっても同じサーフボードの製造を可能してくれました。これはサーフボード産業の進化とも言えます。

しかし、Three Blasta Surfboardsは反旗を翻します。

サーフボードは、サーファーひとりずつに、それぞれに合ったサーフボードがあります。100人いたら100人違います。1人3本、波によって気分によって違うサーフボードを持つならば、100人いたら300通りのサーフボードがあります。

合理化は、100人に対し、5本のサーフボードを作りました。Three Blasta Surfboardsは、100人に対し300通りのサーフボードを作ることを命題にしています。

合理化と流通価格低下の流れで、皆が折れてしまった、残さなければならない本当に必要なサーフボードを我々が残していきます。我々がやらなければ、シェイパーによる魂のサーフボードは無くなります。世界中には、合理化されたサーフボードのみになります。

私たち、Three Blasta Surfboardsは、今後もサーフボードとサーフボードのデザインアートのマニアック化を進めていきます。それが、日本のサーフボード製造業界を残し、また発展させるために、協力できることだと信じています。

最高のサーフボードを抱えて、最高のサーフィンを楽しむために。

夏の終わり

関連記事

  1. Three Blasta

    ロングボード 第二弾!

    ロングボードが仕上がった。かっこいい。前回の失…

  2. Three Blasta

    PHSモデル|ハイパフォーマンスボード

    レール ロー〜ミディアム テール スカッ…

  3. Three Blasta

    新しいINLYAZデザイン追加しました

    TBオリジナルの新しいInlayzが出来ました。題は、…

  4. Three Blasta

    TB ニューオリジナル Inlayz

    Three Blasta Surfboardsの新しいオリジナ…

  5. Three Blasta

    仕事と遊び

    Three Blasta Surfboardsのブランドポリシ…

  6. Three Blasta

    TB Retro and Long Boards

    Three Blasta Surfboardsでは、レトロボー…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    パイプライン2014 プロ使用ボードと来季WCT
  2. Diary

    海の中から朝日を見に行こう #2
  3. Surf Shop Sendai

    ハンナファームカップ2019は小さかったり大きかったりした
  4. ALEX CREWS インタビュー VISSLA

    ACSOD

    VISSLA ビルダーズのインタビュー ALEX CREWS
  5. サーフィンの歴の歴

    Diary

    サーフィン歴の歴
PAGE TOP
css.php