Diary

サーファーこそがアーティストだ

2011年の1月に届け出を出したので、独立して9年経ったことになります。

自分としては独立はオーストラリアに渡った2008年だと思っているのでもう少しで12年経ちます。

12年もあればやっぱり色々ありました。思い出されるのは。

2012年。

「HIRO Aか?Bか?」

「僕はどっちでも自分の力で販売してみせます。どちらでもシェイパーに不満なしです。おまかせします。」

1〜2坪くらいの裏部屋でサシで話し合い。2人の声は小さいながらも2人の運命がここで決まることをお互いに認識していたと思う。冷静を装いながら緊迫の瞬間、僕は神様にサイコロを託した。あの時、Aがいいです。と言えない自分は間違っていたのかどうかまだ分からない。

「じゃAで行ってみろ。」

僕はAを持って日本に帰国した。

今思えば。あのときBになっていたら。自信ないな。でも実はBも今アツい。やっぱりどっちでも良かったのかな。

もう一つは2014年。

2012〜14にかけてサーフボードで生きていくとかかり気味だったから、たくさんの日本人シェイパーにもアプローチしたし、THREE BLASTAで天下取ると意気込んでた。若かったし。上の画像のボードカッコいい。でも日本人シェイパーがダメ、海外シェイパーもダメ、シェイパーはTAKEDAしかいないと思うようになったとき、YOSHIROさんから手を差し伸べてもらった。そのとき大きな分岐点が来たのだと思う。自分はサーフボードで天下取るんじゃないんだなって。次のステージへ。

それからも色々あったけど。

そして今じゃー!

ずっと悩んでた「自分は何だろ」の答え。

サーファーのアーティスト性を呼び起こす活動。

これしかない!卸や小売という部門じゃなくて、自分の活動を一括にできたので。12年経ち1周回ってようやく迷いが無くなった。すっきり☆

新年営業スタート前のページ

シングルフィンフェスティバル次のページ

関連記事

  1. Diary

    サーフィンレベルとローカリズムがゼロの僕がサーフボードを売る理由

    特に運動神経が良いわけではないバンドが趣味の白くてひょろっとした体型…

  2. Diary

    北へ

    昨日のハンマー打ちで身体が思ったより疲れてました。朝動けなかったけど…

  3. Diary

    迎春

    あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話にな…

  4. Diary

    ハイブリッド、短いボード

    MHのチッパのインタビューにあったように、チッパは短くして乗るのが好き…

  5. Diary

    TAKEDA CUSTOMSファクトリー

    2日目。ボーイズ達が寝てたので、ちょっと仕事へ。YOS…

  6. Diary

    クラブラウンド第二戦

    一瞬で一日終わる。ひげそり忘れて、頭セットし忘れて、家を出たと…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    スポーツとしてのサーフィン
  2. Diary

    海の中から朝日を見に行こう #2
  3. Diary

    クイッキープロおフランス、プロ使用ボード
  4. スナッパーロック 12月28日

    向こう側コンセプト

    こっちに有利なはずなのに不利な方へわざわざ合わせるこのヤキモキ
  5. ケリー使用ボード

    Diary

    プロが使用するサーフボードのサイズ
PAGE TOP
css.php