Diary

学びすぎないサーフボード選びが幸せ

サーフボードを選ぶときには。

ブランドがあって、モデルがあって、サイズがあって。

それ以外にもたくさん選ぶための要素みたいのがあると思う。

けど、これは思わされているだけかもしれない。ボードの目的や特性なんかがチャートになってて自分はこれに乗るべきなんじゃないかって。人が決めた尺度で。ECサイトのリコメンドに出てくるやつ。あなたのような中年の隔週サーファーはスーパーテイクオフの早いこのモデルに乗るといいよ。みたいなやつ。これに惑わされてないですか?こうやって選ぶのが正しいといつのまにか洗脳されてないですか?

皆さんは自分がサーフボードを選ぶときはどうしてますか?

少なくても僕の周りの友達は皆、リコメンドなんて屁だと思ってるよ。

そんなんじゃなくて、

なんかこのブランド好きとか、なんかこのテールの形かっこいいとか。なんか調子良さそうとか。

皆そうやってサーフボード選んでます。

なんかちょいちょいリコメンドされるから振り回されそうになるけど。

本当は、なんかよく分からないけどこのブランドが好き!というサーフボードの選び方でオッケーです。

僕はこれが正しいと思ってて。これが一番幸せなサーフボード選びだと思ってる。

僕はサーフボードを説明したいし、提供させてもらう側なので、勉強したいしもっともっと知りたいことがたくさんあって、、、ってやってるけど。

乗りたい!と思うときはその勉強からは大きくハズレて、なんとなく調子良さそう。

と手に取るのが心の声から来た素直な行動です。

この心の声を持ち続けていいんだと思います。

その理由の1つに、サーフィンは人工知能AIに支配されないんじゃないかっていうのがある。

波に乗ってエキサイティングするのもリラックスするのも、全ては人間の主体的なものでAIはそこには入らない。AIがエキサイティングもリラックスもしないと思うから。

だからこれから先、

自然相手に遊ぶサーフィンはAIから距離を置くもの。

って位置づけは大きくありなんじゃないかと思う。

「AIから離れて海をフィールドにして遊んでいる自分がサーフボードを選ぶとき」をもう一度考えてみよう。

あたなはこのレベル。性別、年齢や運動神経はこんな感じ。サーフィン何年練習してきたよね。途中3年くらいやってなかったよね。最近飲み会続きで食べすぎてるから太ってきてるよね。よく入るビーチはこんな割れ方。こんな人にとってこのテールがこうなってるタイプがこういう特性を持っているからいいんじゃないかな。このシェイパーを支持するお客さんはメタボサーファーが多いっていう統計が出てるよ。ノーズとテールがこうなってるのはこういうときにいいよ。ロッカーだってこれよりもほんの少しこうだし、ボトムコンケーブだって若干のこうなり具合だ。だからあなたは、こういうシェイパーのこういうモデルで、こういうサイズに乗ると今日のサーフィンはうまくいくよ!

ってなるよ。

それ乗りたいですか?

僕だったらこんなこと言われたら相当ファックだよ。

僕はこのブランドのこのモデルのこのサイズに乗りたいんだ!ってなるよ。

テールがこうだとこうなる。フィンがこうだとこうなる。とかって具体化すればするほど、それで選択することになる。

具体化すればするほど、選択肢が狭まっていく。リコメンドとはそういうものだ。

選択肢が狭まっていくから、新しい発見はどんどん無くなっていくんだ。

サーフボードを買う度に毎度当たり障りない普通に乗れるボードが目の前に来る。

乗ってみたら思ったよりこうだった、って一番意味ある発見じゃん。それが一番楽しいことなのに。サーフィンは日常生活じゃないんだ。そういう発見をするところ。

だからもう具体化しない!

サーフボードブランド選ぶのって具体化して選択肢狭めることじゃない。

なんかかっこいい。このシェイパー好き。とかそういうのなの!

ただ感じて、ただ乗るの!

かっこつけじゃないよ。

それが一番楽しめるはず。エキサイティングしてるはず。リラックスしてるはず。

サーフィンを本当に楽しんでるサーファーはみんなそうしてるから。

サーフボードは学びすぎなくていいんです。

って言って、お客様が今日もサーフボードを相談にいらっしゃると、

めちゃくちゃ状況聞きまくってサーフボードの特性説明してるのです。。やめよ。

ピックアップ記事

  1. フィンの高さの馬鹿野郎物語
  2. サーフィンレベルとローカリズムがゼロの僕がサーフボードを売る理由
  3. 上級者サーフボードモデルとサイズをTOBYで見る
  4. TAKEDA × NEV
  5. 補足 〜言葉や文章でサーフィンを覚えるはNG〜

関連記事

  1. 平塚まで来ました

    Diary

    平塚まで来ました

    BOARD ROOM SHOWきっかけで、関東に来ました。昼…

  2. Diary

    究極の休みを考える

    『アバター』のCGを担当したという人物だが、現在『猿の惑星』の…

  3. Diary

    朝一のサーフィンが大好きだ

    朝一にサーフィンしている。理由は一言では難しいけど、太陽の力み…

  4. Diary

    テリルリハインコは、雛に名前をつける

    テリルリハインコというインコは、雛に名前をつけるという。…

  5. フジモン会

    Diary

    フジモン会

    ハンナにおいて数々の業績を引っさげて堂々の宴を迎えられた貴台。…

  6. Diary

    Neal Purchase Jnr Duo乗りました

    テストにはバッチリの波。ようやく乗れました。…

おすすめ記事

  1. TAKEDA CHOPPER

ピックアップ記事

  1. ハンナファームニュースレター

最近の記事

  1. ACSOD NEWS LETTER
  2. ACSOD MONSTER 5'9"
  3. ALEX CREWS インタビュー VISSLA

ARCHIVES

  1. Surf Report

    仙台新港 5月14日
  2. Surf Report

    仙台新港 11月14日
  3. Diary

    河口 徳島 8月6日
  4. Diary

    折り返しました
  5. Surf Report

    Main Beach 10月25日
PAGE TOP
css.php