向こう側コンセプト

向こう側投入 Tim Bowler

向こう側コンセプトに投入されましたボードのご紹介です。今回はハルボード。

ブランドの名前にHULLが入っているくらいハルの創り手。Tim Bowler Shapes and Hull 6’4″ 20 1/2″ 2 5/8″

フィンはTim Bowlerのオリジナルのグラスフィンが付いてきました。

ベースのテール側の浮いている部分ががフレックスします。

先端のフレックスとこのベースのフレックスでヒレのように進みます。

この独創的なサーフボードはいったい。

下記は、彼のホームページのaboutページの和訳です。

ティモシー・J・ボウラーは、1951年にカリフォルニアのサンタモニカで生まれたシェイパーです。漁業もしたようです。6歳で初めて波に乗りました。ティムは17歳からシェイプをスタート。21歳でShapes and Hullsを設立。彼に影響を与えた人物は、ジョージグリノー、クラークグレゴリー、リドルなどなどの巨匠達。ティムは旅して暮らしていたこともあり、メキシコ、アラスカ、ハワイ、タヒチ、サモア、フィジー、オーストラリアにて生活していた。

https://www.shapesandhulls.com/about

ぜひじっくり味わってみてください。少しずつ会員の方が増えてきましたが、皆様新しい発見をしていて楽しいようです。まだまだ月額5,000円の特別価格は続けていますので気になる方はショップにてどうぞ。

参考

向こう側コンセプトで乗れるボードを更新中です

DMS BLACK CAT 5’9″前のページ

Travis Reynolds Hot Butter入荷しました次のページ

関連記事

  1. 向こう側コンセプト

    廃材からサーフボード BRINK

    Donald Brinkは向こう側の奥行きを教えてくれる。向こう側に…

  2. 向こう側コンセプト

    Christenson Nautilus 6’8″ 投入しました

    向こう側コンセプトに投入されたボードのご紹介です。今回は、カリフォル…

  3. 向こう側コンセプト

    波の気持ちを組めないならばロボットに甘んじるしかない

    冬のコロナウイルスの不安が広がり益々画一的な世界が広がりそう。ベーシ…

  4. 向こう側コンセプト

    サーフィンについては上手い下手は関係ない

    目指すべきサーフィン、目指すべきサーファーにこだわってきたが、間違え…

  5. 向こう側コンセプト

    Travis Reynolds

    カリフォルニアサンタクルーズからTravis Reynoldsの取り…

  6. 向こう側コンセプト

    Donald Brink ドナルド・ブリンク

    南アフリカ人のドナルドブリンク。ベースジャズのミュージシャンとしてア…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. サーフィンの歴の歴

    Diary

    サーフィン歴の歴
  2. Diary

    パフォーマンスサーフボードの複数本の持ち方
  3. Diary

    ビギナーサーファーの幸せはいつ訪れるのか
  4. Surf Shop Sendai

    DMS Surfboards / Daniel MacDonald Shapes…
  5. Diary

    サーフボードボリューム、リッター値
PAGE TOP
css.php