Diary

サーファーである以上10%へ向かうのは当然、一択

アリなど昆虫の群れの中に規則性を持たない動きをするやつが10%くらい必ず出てくる。そしてその10%が種を生存させてきたみたい。

人類だって、あそこは危険だけど行ってみるか、と行ってみた10%の勇気ある人々がいたから今があるんだって。

進化だったり種の保存だったりって話。

僕はいつもサーフボードでそれを思う。強く思うようになったのは、もちろんインターネットによるもので。

昔みたいに見て触ってみて、なんかこれ良さそうっていう選び方はなくなって、インターネットであなたにはこれが合うんじゃないですか?と下の方に並ぶやつ。そういうリコメンドされたボードに乗っている人がマジョリティになったから。いいね!と広告に支配されてるから。

それが悪いというよりは、それはその世界でありだし、そういうサーファーがサーフィン人口を支えてるしサーフィンインダストリーが継続発展してるしね。

ただハンナファームは10%の方に行きたい。

なんかこのサーフボード良さそうな気がする。これ変な形。気持ち悪いけど気持ち悪いのが気持ちいい。こんなの乗ったことない。どんな動きするの?

そういう選び方で新しい発見をするお手伝いをしたい。

サーフィンは身体性を十分に引き出すそういうスポーツでしょ。

だって考えてみて。前の晩に海行く準備しているときだって、海に行く途中に車の中で好きな音楽かけてるときだって、波チェックしてそこにたまたまいた人と会話することだって。帰り道にくやしくてくやしくてハンドルを強く握ったときも、家に帰ってビールがうまいときも。サーフィンって波に乗っているただその瞬間だけではなくて、準備から帰ってビール飲むまでその一連のプロセスがトランス状態。デジタルから離れられるなんとも贅沢なスポーツ。

サーフィンってそういうスポーツなんですよ。

40代のメタボ週末サーファーにはこれ!みたいなリコメンドされた当たり障りないサーフボードでサーフィンする人や、SNSのいいね基準でポチるサーファーが今やマジョリティ。

でもハンナファームはそういうのを振り切って10%に向かう。

サーフボードの販売をしている人としてちゃんとしているか、ちゃんとしているように見られているか、を気にしない。今いいねを集めるのはこのブランド、そんなのは関係ないし。いいねが集まったってことはエンターテイメントとして優れているけど、アートとしてはNGだから。

真のアーティストが創り出すサーフボードを提案していきたい。それがサーファーの贅沢な時間、トランス状態の1パートをより輝かせてくれるはずだ。

みんなの知らない世界を指し示していきたい。サーフボードによって外をスポットライトで照らす役割が僕にはあると思う。

サーファーこそがアーティストだから。

向こう側思考を提案します。

参考

向こう側サービス

ピックアップ記事

  1. 向こう側思考のススメ
  2. Stab In The Dark 2017 ジョーディ
  3. 補足 〜言葉や文章でサーフィンを覚えるはNG〜
  4. 上級者サーフボードモデルとサイズをTOBYで見る
  5. ウェイブプールはパンドラの箱を開ける第一歩と言って言い過ぎではない

関連記事

  1. Diary

    クイックプロゴールドコースト2016プロ使用ボード

    最近中継でボード情報を言わなくなってきてとても残念です。今シー…

  2. Diary

    サーフトリップと海の日

    みんなでサーフトリップに行ってきました〜。笑いあり笑い…

  3. Diary

    入門経済学

    入門、入門、といったいいつになったら入門ではない本を読めるんだ…

  4. Diary

    不肖・宮嶋のビビリアン・ナイト

    今回のハンナ図書館のコーナーは、宮嶋茂樹著「不肖・宮嶋のビビリ…

  5. 仙台新港 3月21日 タカヤマ珈琲移転

    Diary

    仙台新港 3月21日 タカヤマ珈琲移転

    早い波で苦戦しました。上がった頃は良い波に見えました。…

  6. Diary

    なりたい自分♡

    夏が終わり一段落していたサーフボードの需要がまた出てきて、嬉しいことに…

おすすめ記事

ピックアップ記事

最近の記事

ARCHIVES

  1. Alex Crews Shapes

    アレックスとACSOD JAPAN
  2. Surf Shop

    ショップ業務お休みについて
  3. Diary

    ハンナのfacebook
  4. Diary

    旅の終わりを知る
  5. Surf Report

    仙台新港 4月10日
PAGE TOP
css.php