向こう側コンセプト

【2】もう一つ先の切り分けない世界

Neal Purchase JnrのDUOモデルを乗り、僕は「シングルでもツインフィンでもないほかの何か」と言った。そうとしか言えなくて困ったが正しいのかもしれない。

これはシングルかツインか。または、シングルか非シングルか、ツインか非ツインか。

この切り分けられたモデルの構築。実は上から僕たちは押さえつけられているのかもしれない。切り分けるモデルの構築ではなく、制作者側から湧き出たボトムアップの偶然性と試行錯誤によってできあがる新しい何か。もしかしたらこれを進化と呼ぶのではないか。

どちらが正しいということは無さそうだけど、我々が(特に僕は)普段切り分ける世界のあいだを見落としてしまっていた。あいだに存在する生き生きとした流れを歪めてどちらかに寄せてしまっているのではないか。

パフォーマンスボードとクラシックボードという区別から端を発し。シングルフィン、ツインフィン、ボンザー、ハル etc.. と切り分ける。

ニールのDUOモデルは、シングルとツインのあいだの偶然性と試行錯誤によって生まれたのだろう。本当に新しい世界を見せてくれた。

DUOこそ世に出たが、もしかしたらボンザー寄りのパフォーマンストライフィンなんてのがあるのかもしれない。実際ある。それをなになにと切り分けてしまってないだろうか。そのせいでこのボードが死んでいる。

僕たちは乗り手として、各ジャンルを切り分ける世界と、あいだを楽しむ世界と両方を持つことでよりサーフボードの芸術を楽しめるのだと思う。アーティストと呼ばれる真のサーフボード制作者はもしかしたら後者を大事にしているのかもしれない。

波を相手に偶発性を楽しむサーファーは制作者が生み出す芸術品を受け取る力がある。サーファーこそアーティストなのだから。

参考

サーフボードをアート作品として捉えるハンナの思考コンセプト

  1. 来るべき未来に向けてサーフボードを紹介する方法が見つからない
  2. もう一つ先の切り分けない世界
  3. アートなサーフボードの深堀り
  4. サーフィンレベルとか年齢とか関係なしにして他と関係し合うサーファー
  5. サーフボードアーティストの思考
  6. 外出無しでサーフィンはうまくなるか
  7. アート作品へ向かう言葉の方向性
  8. 異質なパースペクティブを許容しよう
  9. 僕も最初は自分には無理だと思っていたけどまずは乗ることから
  10. サーフボードの未来

【1】来るべき未来に向けてサーフボードを紹介する方法が見つからない前のページ

【3】アートなサーフボードの深堀り次のページチッパ neal purchase jr

関連記事

  1. 向こう側コンセプト

    ツインフィンではない何かは、ツインフィンおばけかもしれない

    これはツインフィンか。と問う。2枚フィンだからツインフィン。…

  2. 向こう側コンセプト

    廃材からサーフボード BRINK

    Donald Brinkは向こう側の奥行きを教えてくれる。向こう側に…

  3. 向こう側コンセプト

    サーファーである以上10%へ向かうのは当然、一択

    アリなど昆虫の群れの中に規則性を持たない動きをするやつが10%くらい…

  4. チッパ neal purchase jr

    向こう側コンセプト

    【3】アートなサーフボードの深堀り

    アートなサーフボード、ここではデザインが綺麗というものは一旦置いてお…

  5. 向こう側コンセプト

    【1】来るべき未来に向けてサーフボードを紹介する方法が見つからない

    サーフボードの画像をSNSにポストするのは日課みたいなもんだ。スマホ…

  6. 向こう側コンセプト

    波はきれいって知ってますか?

    サーフィン歴20年で初めてなのですが、波に乗りながら波を見て「わーき…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Takeda Customs

    Fish Edge Takeda Customs
  2. サーフィンの歴の歴

    Diary

    サーフィン歴の歴
  3. ALEX CREWS インタビュー VISSLA

    ACSOD

    VISSLA ビルダーズのインタビュー ALEX CREWS
  4. RICHOコーチング

    Diary

    テイクオフ
  5. Diary

    ブランド別サーフボードオーダー割合
PAGE TOP
css.php