チッパ neal purchase jr

向こう側コンセプト

【3】アートなサーフボードの深堀り

アートなサーフボード、ここではデザインが綺麗というものは一旦置いておく。

前回は

もう一つ先の切り分けない世界

で、ニールパーチェスジュニアのDUOモデルはシングルとツインの流動的なあいだを楽しむことができると紹介した。

今回はもう少しアートを深堀りしてみたい。DUOは本当にアートの事例に適していた。DUOはシングルなのかツインなのか。

ツイン視点でDUOは、

  1. ツインである
  2. ツインではない
  3. ツインではなく、シングルでもない
  4. ツインであり、シングルでもある

これらの4事象の捉え方ができるが、1と2で見てしまう危険性を紹介したのが先日のもう一つ先の切り分けない世界のお話。これらのあいだから生まれるものを進化と呼び、アートを楽しむ乗り手の思考は3へ。今回はもう少し先へ。

気をつけなければならないのは、どちらも否定する絶対否定というのも避けるべきだという点。絶対否定をするということは、ツインでもシングルでもなくて別の新しい何かと決めなければならないから。

どちらでもないサーフボードをツインに寄りながらシングルに寄りながら。どちらでもない故にフワフワと楽しむことができるはずだ。それは大いなる肯定につながるということ。

ツインフィンでもないし、シングルフィンでもないが。どちらも否定して新しい何かを探すのもありだが、もう1歩。返って両方を肯定する。ツイン側へふらふら、シングル側へふらふらと。

あなたはアートをどう楽しみますか?3ですか?4ですか?

僕の提案はこうだ。

3でも4でもない。絶対否定はしないで、大いなる肯定へと繋げる。ツインでもシングルでもないが、どちらの特性もフワフワと綱渡りのように楽しむ。

伝えるの難しい。

ツインでもシングルでもない。新しい何かでもない。シングルであり且つツインでもあるということでもない。ツインに寄りながら楽しみ、シングルに寄りながら楽しむ。

サーフボードアーティストは深いところを提案してくれる。自然を相手に身体性全開でサーフィンを楽しむサーファーならそれを受け取るべきである。サーファーこそアーティストなのだから。

参考

サーフボードをアート作品として捉えるハンナの思考コンセプト

  1. 来るべき未来に向けてサーフボードを紹介する方法が見つからない
  2. もう一つ先の切り分けない世界
  3. アートなサーフボードの深堀り
  4. サーフィンレベルとか年齢とか関係なしにして他と関係し合うサーファー
  5. サーフボードアーティストの思考
  6. 外出無しでサーフィンはうまくなるか
  7. アート作品へ向かう言葉の方向性
  8. 異質なパースペクティブを許容しよう
  9. 僕も最初は自分には無理だと思っていたけどまずは乗ることから
  10. サーフボードの未来

【2】もう一つ先の切り分けない世界前のページ

【4】サーフィンレベルとか年齢とか関係無しにして他と関係し合うサーファー次のページ

関連記事

  1. 向こう側コンセプト

    サーフィンスタートの人に響かない理由

    僕は波に乗らないことの不可能性を説いています。しかしまだまだその理想…

  2. 向こう側コンセプト

    【6】外出無しでサーフィンはうまくなるか

    これまでの休業期間に考えるサーフボード では実際にサーフボードに乗っ…

  3. 向こう側コンセプト

    のむをの海へ還ろう

    向こう側思考によって新しい世界を楽しもうという活動をしております。こ…

  4. 向こう側コンセプト

    浮力の大きいボードがより必要になった

    ワクワクの方が実はちょっと強いのだけど、弱気になるときあります。やっ…

  5. 向こう側コンセプト

    Donald Brink ドナルドブリンク

    カリフォルニアからDonald Brinkの取り扱いをスタートしまし…

  6. 向こう側コンセプト

    Michael Miller BONZER

    向こう側コンセプトで利用可能なサーフボードのご紹介です。今回初のボン…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    今どこもかしこも2+1のフィン
  2. ACSOD

    ACSOD モデル選びとサイズ設定
  3. Diary

    サーフトリップの”何か”
  4. Diary

    CTに入りたい!費用はいくらかかりますか?
  5. 外車の真相

    Diary

    日本車と外車
PAGE TOP
css.php