向こう側コンセプト

【1】来るべき未来に向けてサーフボードを紹介する方法が見つからない

サーフボードの画像をSNSにポストするのは日課みたいなもんだ。スマホの向こう側の皆さん、どうだこのボード。かっこよくはないか。気にってくれないか。ちゃんと見てくれ。サイズはこうだぞ。

では目の前にサーフボードがあってそれを見るとしたらどうだろう。画像をスマホで見るのとは違い立体感が出るだろうか。それどころか動いてみて斜めから見たり回り込んで見たりしないだろうか。上から下から覗いてみるもんだ。サーフボードのフォルムが分かり、徐々にイメージが大きくなっていくのだ。

ではいよいよ触っていいとなる。視覚だけではなく触覚の出番だ。ボリューム感を見るときに脇に抱えたときには、視線はボードから外れ、空想しているかのように斜め上を見ながら感触を確かめる。もはや視覚を邪魔としているみたいだ。サーファーと呼ばれる人たちは、サーフボードの全てを撫で回したあと、このサーフボードが調子いいか悪いかを判断してしまうくらいだ。ロッカーが強いね、とか重心が後ろだね、とか知ったフリをするのは定石だ。それがとても楽しいのだが。

ではいよいよ乗ってみよう。ここから人の感覚は大きく飛躍することを伝えたかった。

外と接続している視覚や聴覚や臭覚といった感覚は脳と直接つながっている。それとは別で触覚や運動感覚は全身の神経から脳につなぎダイナミックに動くもの。もっと言えば運動感覚は内臓感覚にもつなぐこともできるくらい躍動的だ。波と自分とサーフボードに乗る感覚は、全て一円として表現できない感覚を人にもたらしている。だからサーフボード販売者は試乗会をしてきたのかもしれない。

SNSへサーフボードを紹介するポストもサーフボード試乗会も人が動くための補助的な役割があって機能していたんだと思う。人が動かなくなって人が集まらない社会が来てしまったので、これらの意味が全く無くなった。というか意味が変わったんだと思う。届かない。

サーフボードは画像で見るものでもなく、家に並べて触るものでもなく、乗るためだけにある。身の回りの95%がデジタル化したら残り5%の中のメインはサーフボードだ。”サーフィンが尊い”を超えて実は”サーフボードが尊い”のではないか。残り5%という非常にマイナーな手段。もう実際に乗ってみるしかない。

参考

サーフボードをアート作品として捉えるハンナの思考コンセプト

  1. 来るべき未来に向けてサーフボードを紹介する方法が見つからない
  2. もう一つ先の切り分けない世界
  3. アートなサーフボードの深堀り
  4. サーフィンレベルとか年齢とか関係なしにして他と関係し合うサーファー
  5. サーフボードアーティストの思考
  6. 外出無しでサーフィンはうまくなるか
  7. アート作品へ向かう言葉の方向性
  8. 異質なパースペクティブを許容しよう
  9. 僕も最初は自分には無理だと思っていたけどまずは乗ることから
  10. サーフボードの未来

巣ごもりワーク前のページ

【2】もう一つ先の切り分けない世界次のページ

関連記事

  1. 向こう側コンセプト

    【8】異質なパースペクティブを許容しよう

    休業期間に考えるサーフボードの、【4】サーフィンレベルとか年齢とか関…

  2. スナッパーロック 12月28日

    向こう側コンセプト

    こっちに有利なはずなのに不利な方へわざわざ合わせるこのヤキモキ

    僕がシングルフィンで感動して、今も忘れられないのは、ゴールドコースト…

  3. DVS オリジナルキールフィン

    向こう側コンセプト

    【7】アート作品へ向かう言葉の方向性

    休業期間に考えるサーフボード、前回の外出無しでサーフィンはうまくなる…

  4. 向こう側コンセプト

    【6】外出無しでサーフィンはうまくなるか

    これまでの休業期間に考えるサーフボード では実際にサーフボードに乗っ…

  5. 向こう側コンセプト

    【5】サーフボードアーティストの思考

    カリフォルニアにドナルドブリンクというサーフボードアーティストがいる…

  6. 向こう側コンセプト

    向こう側投入 Tim Bowler

    向こう側コンセプトに投入されましたボードのご紹介です。今回はハルボー…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    海の中から朝日を見に行こう
  2. Diary

    海の中から朝日を見に行こう #2
  3. Diary

    サーフボードボリューム、リッター値
  4. ACSOD

    ターネイによるACSODサーフボード紹介 エピソード2
  5. Diary

    CTに入りたい!費用はいくらかかりますか?
PAGE TOP
css.php