Diary

サーフトリップの”何か”

サーフトリップは、ホームでは味わえない波はもちろん。見知らぬ文化、人、土地、家、食べ物、全てが新鮮で刺激的。波とこれらの融合で何が生まれるのでしょうか。サーフィンしている人が旅に出る理由は、その融合によってサーファーしか知らない何かを求めているためかもしれません。

この方、このボード持って。その”何か”を知っているに違いない。どこに行くのでしょうか。

なんというサイズ、10’0″ 21 1/4″ 3 3/4″。なんという6チャンネル。なんというフィン、1988年のBREWER。

「TAKEDA CUSTOMS」と「旅」と言えば、1年の半分以上を旅で過ごすGRINDLODGEのNAOYA氏。彼もその”何か”を自分の中に大切にもっている1人です。

今月末TAKEDA乗りが集まるセッションが沖縄で行われるということで、行きますと伝えたところ、NAOYA氏が「HIRO お願いがあるんだけど、あれ持ってきて」と。相変わらず人使うよね〜と躊躇感を見せようとしたとき「あれは沖縄で乗りたいんだよね」と来たので、これはその”何か”を自分も見ることができそうだと思い「オッケーです。任せてください」と返事しました。

TAKEDA乗りのセッションでNAOYA氏が乗りたいあのボードとはこのボードです。

TKD 1 KATANA 6’0″ 18 1/2″ 2 1/2″

2週間くらいはお店にあるのでぜひ皆様にも見ていただきたいです。言うと安っぽくなっちゃうけど、シェイプもデザインも素晴らしいです。触っといた方がいいと言えるくらいです。

サーファーはサーフィンと旅から生まれるその”何か”を感じることができるアーティストのはずです。そこに気付くべきです。サーファーこそアーティストなのです。

参考

GRINDLODGE インスタ

NAOYA インスタ

安っぽい決意表明前のページ

WHITE FERRARI 中塩佳那次のページ

関連記事

  1. Diary

    ゴールドコースト行ってきます

    明日の飛行機でゴールドコースト。TAKEDAとALEXとMHと…

  2. Diary

    SURFING LIFE 仙台

    今月のSURFING LIFEは仙台ですよ〜。ipho…

  3. Diary

    ぼくらの祖国

    2014年から硫黄島の滑走路を国の予算200〜300億を使っ…

  4. 2017年頭挨拶

    Diary

    2017年頭ご挨拶

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。3年すれば東京オ…

  5. 鳥取中部にて試乗会

    ACSOD

    鳥取中部にてボードテスト

    岡山県のKAFNAの皆様、FRENZYの皆様が集まっていただき…

  6. Diary

    リバーマウス 高知 8月8日

    高知の河口やった。数日前は、マーくん、健太くん、堀口プ…

最近の記事

  1. 朝日
  2. HANNAH FIRM

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Takeda Customs

    Fish Edge Takeda Customs
  2. Diary

    サーフトリップの”何か”
  3. Diary

    クイッキープロおフランス、プロ使用ボード
  4. デーン・レイノルズ

    Diary

    スタイルを今決めるってば
  5. TAKEDA CHOPPER

    Takeda Customs

    TAKEDA CUSTOMSのCHOPPERモデル解説ムービー
PAGE TOP
css.php