Surf Shop Sendai

The OBSESSED 9’2″ タケダカスタム

夏の終わりのお引渡しまだまだ行きますよ〜。

続きましてはTAKEDA CUSTOMSのロングボードOBSESSEDモデルです。

TAKEDA CUSTOMS The OBSESSED 9’2″ 22 1/2″ 3″

今回のご相談は、「色々考えてみたけど、自分のスタイルはロングなんじゃないか」と。

ナチュラルにサーフィンするとはどういうことなのか。

海に浮かぶとはどういうことなのか。

サーフィンを所謂みんなのサーフィンとは捉えない。

そんなところに答えはあるだろうか。

所詮趣味って枠を飛び越える人はたくさんいるけど、待っているのは所謂みんなのサーフィン。

そうじゃなくて。

だったらどうなんだ!

はっきり言ってくれ。

そこへ行くのが今回のテーマ。

OBSESSEDなら行けるんだっ。

僕が自分の世界に入りすぎて、そういうご相談だったかどうかは分かりませんが、おそらくそんな感じだったように思います。

僕も一緒にナチュラルな世界へ行ってみようと思います。

OBSESSEDモデルは、YOSHIROが大好きなシェイプの1つです。60年代のレジェンドブランドのビンテージサーフボードを修復している仕事をしながら、その頃のノーズライダーからインスパイア、少しだけモダンに改良し、創り上げました。

クラシックノーズライダー、60年+YOHSIROのオリジナルデザイン。

実際に目の当たりにしますとその重厚感、深みを感じます。

それから今回のフィンですが、YOSHIROの友達 JOHNが手作りで作ってくれました。

ウッドキールです。

タイプとしてはグリノースタイルですね。

ノーズライダー用の11″ 長めのフィンになります。

このクラシックスタイルのボードとフィンが完全マッチ、so nice and so classicとYOSHIROもインスタでコメント。

こちらのフィンはご注文可能です。ぜひOBSESSEDオーダーの際は一緒にご検討ください。

デザインはビンテージ系のグリーンティント1色両面と、ボトム面フィンエリアのパッチワーク。

ディケールの部分とリーシュカップの部分はホワイトのピグメントでレジンワーク。

ダブルラミネーションになります。すごっ。

仕上げはグロスコート、サンドマットフィニッシュ。きれいです。

シックなシンプルなデザインですが、技術力を詰め込んだ1本となりました。

この度はオーダーいただき誠にありがとうございました。

参考

THE OBSESSEDモデル TAKEDA CUSTOMS

極端を極めると歩み寄る前のページ

ブランド別サーフボードオーダー割合次のページ

関連記事

  1. Surf Shop Sendai

    オーストラリア初のウェーブプール

    ウェーブプールで先端を走っているWAVE GARDENが、いよいよオー…

  2. キッズサーフィン仙台

    Surf Shop Sendai

    キッズサーフィン仙台

    全国的にもですが、仙台もキッズサーファー増えてきてます。サー…

  3. Surf Shop Sendai

    GHOST ACSOD 5’10”

    続きましてのお引渡しは〜。ACSODの中で、日本とオーストラリアのト…

  4. Surf Shop Sendai

    WHITE FERRARI 5’10” ACSOD

    お引渡しのコーナーです。ACSOD WHITE FER…

  5. Surf Shop Sendai

    LINE始めました

    Hannah FirmのLINEスタート。LINEのみ…

  6. Surf Shop Sendai

    展示会の特典Tシャツ

    いよいよ明日から2日間、(7、8日)とreversalの秋冬ウェットス…

最近の記事

休業期間に考えるサーフボード

  1. DVS オリジナルキールフィン
  2. チッパ neal purchase jr

ピックアップ記事

おすすめ記事

ARCHIVES

  1. Diary

    CTに入りたい!費用はいくらかかりますか?
  2. Diary

    サーフトリップの”何か”
  3. Diary

    サーファーIDとサーフボードラックをオンラインに「HANNAH FIRM CLU…
  4. ACSOD

    ターネイによるACSODサーフボード紹介 エピソード2
  5. Surf Shop Sendai

    ハンナファームカップ2018エントリー受付スタート
PAGE TOP
css.php